2007年11月17日

川島なお美はあっぱれ!である

d5219a8e.jpg川島なお美という人には、どこか
親戚のような、同じ学校の先輩のような
そんな親しみがあるのである。
彼女との出会いは鶴光のオールナイトニッポン
の中の午前3時頃のコーナーだ。
下品な鶴光とのコントラストがあり
あっという間に私のアイドルになった。
「シャンペンNO.5」というデビュー曲の
プロモーションで名古屋に歌いに来た時には
見に行ったし、今思い出したが、写真小僧に
連絡先を聞いて写真を送ってもらったりした。
ファンクラブに入るような熱心なファンでは
ないのだが猛烈な恋心を抱いていたのだ。

地元名古屋の高校を卒業しているので、先輩から
卒業アルバムを見せてもらった。当時からズバ抜けてかわいいのであり
アルバムにはもれなく住所まで付いていたので、彼女のバースディに
デビュー曲に合わせてシャンパンを持参し自宅に訪ねていって
直接プレゼントしたこの私は、今の時代であれば
完全にストーカー呼ばわりされて警察に突き出されるところであるが
川島なお美という人は、とにかくいいお方なのである。

美しい笑顔でプレゼントを受け取ってくれたのはもちろんであり
そこに添えたファンレター(恋文?)に、返信用の封筒と便箋を
同封したのだが、丁寧に書いて送ってくれ、さらには
当時彼女が占いが趣味だという事で、私の占いまで書いて
送ってくれたのである。なんちゅうファンサービス!
しかも、それだけではない。
電話番号を書いておいたら、電話までしてくれたのだ。
彼女と一対一で電話でつながったというのは少年期の宝のような
記憶なのであり、16歳のいちばんの幸せである。

その後、週刊プレイボーイで彼女の裸体を発見した時には
もう十数年経っていたわけだが、直視できなかったのである。
しかしながら、とんと名前を聞かなくなっていた頃だったので
「そこまでして売れたいのか?」という気持ちと「あっぱれ!」という
両極端な気持ちが交差したのだった。

しかしながら、今考えたならば、タレントであり女優である以上
マスコミに取り上げてもらってなんぼなわけで、見上げた
プロ根性であると考えざるを得ない。その後も
彼女を取り巻くマスコミや世間の評判は、決して絶賛ばかりではなく
マイナス面での話題のほうが多かったのに、そんなマイナスの波動に
飲み込まれずに、ここまできた彼女を、すごい人だと
こころから思うのである。あっぱれ!である。

47歳という年齢まで結婚を考えなかった事も
そうとうに強靭なプロ意識なのではないのか。
結婚報道を聞いて、彼女の益々の発展と充実した人生を
こころから祈っている。

蛇足であるが、デビュー曲の「シャンペンNO.5」は
名誉ソムリエとなった今では「シャンパーニュNO.5」と
改名したい所であろうが、過去は変えられないのであって
アメリカ人はシャンペィンとか発音するので
大目に見てあげて欲しい。サンバの軽快な曲である。
彼女の服装やステップは、今も目に焼きついているのだ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ダン・コレステ   2007年11月17日 07:27
すごい!そんなにファンを大切にしていたんですね。
というかワインセラピストさんのことを気に入ってたんじゃない?
そのままいったら、ひょっとしたら「川島なお美、若手実業家、兼ソムリエと電撃結婚!」と
なってたかも。
僕は「お笑いマンガ道場」に出てた頃、好きだったなぁ。
2. Posted by あき王子   2007年11月17日 14:03
すっごいファンだったんですね!
良き青春の思い出は宝物ですよね♪
確か僕の記憶に間違いなければ・・・
お父様は名古屋の裁判所の職員だったはず。。。
3. Posted by ワインセラピスト   2007年11月17日 17:12
■木曜日がコレステさんのデビューということで
 朝から緊張していて、ボージョレ解禁で
 お店が忙しいのに、ライブの事ばかりが
 気になっていました。 (ウソ)
 レポート!たのしみにしていますよ!
 そう、今回お相手の報道される前には
 「おれ、妻子ある身だけど・・・・」と
 でも、いちおう、いつ報道陣に囲まれてもいいように
 身だしなみには気を使っていました。 (ウソ)
 彼女のしあわせをこころから祈っています。
4. Posted by ワインセラピスト   2007年11月17日 17:15
■すっごいファンというよりは、赤い糸を感じちゃったんですね。(笑)
 抑圧弾圧された進学校に通っていたので
 こころのよりどころがなかったのでしょう。(笑)

 あき王子は、青春ド真ん中ですよね! 
5. Posted by waka   2007年11月18日 01:03
しかし..。
返信用封筒を渡す、大人びた僕。
どんな風貌だったんだろう。

少年時代のお写真、
拝見したいよ〜。
6. Posted by ワインセラピスト   2007年11月18日 18:04
■あはは。返信用の封筒を同封するなんて
 我ながらずうずうしい。あはは。
 ファンレターを書いたのは、後にも先にも
 川島なお美さんだけなんだよな。
 高校生の頃は、俊ちゃんやマッチに似てると言われ
 20代前半は錦織くんに似ているといわれていたので
 ジャニーズ系だったのかもしれないけど
 どうなのかな。忘れたよ。あはは。
7. Posted by waka   2007年11月18日 23:19
返信用封筒ってさ。
ある意味さぁあ。

青○マンになるかも....ってな
予測の..未来からのエネルギーを...
受けていたのかも...。

ほほほ。
8. Posted by ワインセラピスト   2007年11月18日 23:31
■うん、我ながら頭いいなと思うよ。あはは。
 ダメもとでさ、投資金額は当時は60円くらい
 だったんじゃないのかな?
 費用対効果は抜群だよね。
 ふふふ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ