2007年11月25日

カバー三昧なのである

c93922fb.jpg続いてのCDである。
「奥田民生カバーズ」
こいつは、とでもグー!だ。
この手の企画物は概ね
レコード会社の策略と
アーティストの工夫不足が
目に付いて楽しめないのだが
奥田民生大好きの私が聴いても
ナットクの一枚である。
(二枚組みだけどね)
民生のもともとの曲のイメージを
ガラリと変えたものが特にいい。

木村カエラ「マシマロ」
B-DASH「ワインのばか」
斉藤和義「カヌー」
中幸介「手紙」
HALCALI「愛のために」
DEPAPEPE「サウンド・オブ・ミュージック」
は特に良い出来である。ひねりが効いている。

普段は歌詞カードを見ながら聴いたりしないので
歌詞を間違って聴いていた部分とか
アレンジの違いで、コード進行の複雑さとかが
とても際立つのであり、民生の再発見にもつながるのだ。

チャットモンチー「息子」、歌は下手なのに
言うに言われぬ輝きがある。魅力的だ。
こういう聞いた事もないアーティトとの出会いも
醍醐味のひとつだ。

なかには、ヒドいものもあるのだが(特にPUFFY、今までのは何だったんだ?)
二枚組みを一枚にするとちょうど秀作ばかりになる算段である。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by nandscomjp   2007年11月24日 22:29
そう思う!
2. Posted by ワインセラピスト   2007年11月24日 22:51
■聴いたんだ。
3. Posted by あき王子   2007年11月25日 15:05
僕は明日から通勤中に聞きます
4. Posted by ワインセラピスト   2007年11月25日 19:25
■おお。松山千春以外も聴くんですね。
 感想文アップしてください!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ