2007年12月07日

'Keep your spirits up!'

cc3960bf.jpg本日のお昼に携帯電話が鳴り
見知らぬ番号なので警戒して出たのだが
「おお。大島?おれ!」
「は?」
「山田」
苗字だけ言われても困るのだ。
知り合いに山田って苗字が
何人居ると思っているのだ?
やや憤慨しつつ
「どちらの山田さんでした?」
「おお、わからんわなぁ〜〜あはは」

そいつは結局、小中学校同じの同級生で
当時は、結構仲の良かった旧友であった。
小学5年生の時、深夜TVでポルノ映画を
見たと言い張っていたので、私は彼に
「ポルノ」というあだ名を授けたのである。
中学卒業まで、たしかそう呼んでいたと思う。
まったく失礼な私である。
関係ないが、同じクラスで唇の分厚い村瀬君に
「ビル」と名付けたのも私である。

高校は違っていたので、付き合いは途絶えた。
ところが20代前半に突然、ネットワークビジネスを
持ち掛けてきたので、そうとうやり合って疎遠になっていたのだ。
「商売始めるのならちゃんと看板出してやれ」というのが
私の主張であり、そんなのはもう古いという彼の主張とは
相容れることが無かったのだ。

その彼が、私の所属する経営勉強会に入ったのだそうで
同級生が後輩になったというわけだ。
もちろん、まっとうに看板出して経営をやっている。
義理堅く、出会う前に電話を一本つないでくれたのは
うれしいが、厭な別れ方をしていたので正直
戸惑ったのであり、複雑なのである。
あーでもにゃー、こーでもにゃーと、長電話してしまったが
電話を切ってから、考えた。

最近、どうしてこんなに古い友人から接触があるのだ?と。

1、死期が近い。
2、何らかのメッセージ。
3、長く生きていると、そんな事もある。

散々考えたが、結論はこうだ。
「袖擦れ合うも、他生の縁」というわけであるが
ソウルメイトの関係は、過去生・今生・来世と繋がっていくのだが
それは、昨日・今日・明日の関係と同じなのではないのか?
ソウルメイトとか、ソウルグループってものを仰々しく考えているけど
実は、その程度の事なのだという「教え」なのではないのかと
結論を出してみた。

そこから導き出される「意味」は、こういうことだ。

今をしっかり生きなさい。
あなたに必要な人は、まさにそのタイミングで準備してあるから。
向上したいのなら、その手助けをする人を。
怠惰に生きたいならば、刹那的な人を。
快楽に浸りたいのなら、その準備のできた人を。

宇宙はコピー機のように正確なのである。
思考が現実を造るのであり、二度も私の人生から出て行った
ポルノ君が、またしても私の人生に登場したというのは
奇跡のような確率であり、どのような未来があるのか?
とてもたのしみなのである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by はま   2007年12月07日 11:46
あだ名つけるのうまいですね。

クチビルで、ビルは、
ちと笑ってしまいました。
2. Posted by ワインセラピスト   2007年12月07日 17:09
■望年会おつかれさまでした。
 やっぱ濱ちゃんはカッコいいな。
 あらためて思ったよ。

 そうそう、帰り道、月に見とれてて
 急ハンドルきったのバレてたかな? (笑)
 ポールにぶつかりそうだった。
3. Posted by あき王子   2007年12月08日 17:35
僕もこの2年、久々の再会だとか、
長い付き合いだけど初めて二人だけで飲むとか・・・
そういうのが多いです。
そういう周期のような気がします。

僕は唇の厚い友人に「クチビルゲ」ってあだ名つけました。
バロムワンに出てきた悪者です(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2007年12月08日 17:54
■バロムワン。
 あれは、すばらしいヒーローものでした。
 互いの右腕をクロスさせることによって
 2人の友情のエネルギーによって
 超人に変身する。
 その設定がすでに「愛と感謝と調和」であり
 私の生きる指針とも合致します。
 あき王子のLove & Peace 観とも共通点は多いのでは?
 でも、おイタはだめよ。 (笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ