2007年12月08日

Jealous Guy

44fa1ffe.jpgジョンの命日である。
ビートルズ解散後の最高傑作は
「Jealous Guy」だと思っている。
美しくもせつないピアノの響き。
自省的で憂いを帯びた歌声。
ドラムの入るタイミング。
歌声と呼応するベース。
やさしく控え目なストリングスと
間奏のジョンの口笛。
すべてが完璧なのである。
そして、歌の主人公はジョンであり
とても情けないひとりの男。しかも
同情するにも値しないほどのネガティブな男だ。

深夜の暗闇の中で、ただひたすらひとりの女を想い
堂々巡りの思考の中で、出口を求める事すらしない
だらしのないおとこなのである。

しかし、それは、歌詞を味わってはじめて知るのであるが
「音」すべてにそれが現れていて、そのメロディだけでも
情けない男の姿が目に浮かんでしまい、刹那い気分になる。

誰にだって、そんな日はあるからだ。

世界のスーパースター。憧れのロックンローラーの歌う
まさかの情景なのであり、最高傑作である。


Jealous Guy 
        John Lennon

どうしてあんな事しちゃったんだろ
思えば思うほど鼓動は速まりせつなくなる
自分を抑えられなかった
きみを傷つけるつもりなんて
泣かすつもりなんて
嫉妬でどうにかしてたんだ
許してほしい

I was dreaming of the past
And my heart was beating fast
I began to lose control
I began to lose control
I didnt mean to hurt you
Im sorry that I made you cry
Oh no, I didnt want to hurt you
Im just a jealous guy

ただ、自信がなかった
きみの気持ちが離れてしまったんじゃないかって
こわくてこわくて たまらなかった

I was feeling insecure
You might not love me anymore
I was shivering inside
I was shivering inside

きみの気を引きたかった
ぼくから離れようとしてる気がしたから
苦しくてたまらなかった

I was trying to catch your eyes
Thought that you was trying to hide
I was swallowing my pain
I was swallowing my pain

もう泣かせたりしない
嫉妬なんてしない
許してほしい

Im just a jealous guy, watch out
Im just a jealous guy, look out babe
Im just a jealous guy

(適当和訳:ワインセラピスト)

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ダン・コレステ   2007年12月07日 08:27
このジョンの写真素敵ですね。

ジョン死後の平和の伝道者的な扱いには、僕はどうも
抵抗があります。

ナイーブで自己中で孤独なロックンローラーが
ジョンの姿だと思います。

2. Posted by ワインセラピスト   2007年12月07日 17:15
■だいじょうぶ!
 ジョンを知るひとは、みなそう思ってるから。

 平和伝道がきっかけでジョンを知った人にも
 きっとそれだけでジョンを認めないと思うし
 やっぱ詩人でありギタリストであり偉大な
 ソングライターでありシンガー。
 聴いてて血が騒ぐロックンローラーだからじゃないのか?
 
 明日のハートランド、ジョントリ。
 がんばってねーーーーーっ!
3. Posted by Yuji   2007年12月07日 20:41
◆ども、毎度(笑)
 この写真ほんといいね!
 とっても素敵です。

 Jealous Guyですね、
 ほんとに大好きです。
4. Posted by ワインセラピスト   2007年12月07日 23:49
■このジョンは、ほんとうに美しいね。
 しかも、ツイードのパンツがおしゃれ。
 ひょっとしたらデニムなのかな?
 この曲、だいすきなんです。
 って、きっとみんなが大好きだよな。
5. Posted by LINDA   2007年12月08日 01:22
私も、この曲大好きで、PIANOで弾けます。
ジョンは、生き方が好き。
NYのダコタハウスと、ストロベリーフィールズを
2年前に訪れました。
ピースマークのサークルに、バラがたくさん乗せてあって、誰かが弾き語りで「イマジン」歌ってました。サンフランシスコのケーブルカー乗り場でも、時代に取り残された、おじさんHIPPYが、裸足で「イマジン」・・私の中で、ジョンは若いころの方が好きなのですが、もし生きてたら、どんなじいちゃんなのでしょう???ちなみにELVISも。
6. Posted by ワインセラピスト   2007年12月08日 01:40
■そうだね。64年くらいまで。
 年齢で言うと24歳か。
 そんな頃までのジョンには、とても共感してたし
 ひとごとじゃなかった。
 「こんな風に考えるのって俺だけじゃないんだ」って
 私も屈折したシニカルで自己中心的な十代を送っていたので
 ジョンの生き方から勇気をもらったな。
 今も、ジョンから影響受けてる。
 後期以降の仏教や日本を知ったジョンは
 ニューエイジのはしりであり、Hip だよな。
 日に日に彼の考えがわかるようになってきて
 でも、今、ジョンより年上なんだよなぁ。 (笑)
 永遠のアニキ。
7. Posted by LINDA   2007年12月08日 06:03
私も、既にジャニス・ジョップリンの年齢を
超えています・・・
松田優作が生きてたら、今年で60歳って知ってました???
ジョンは、本当にHIPです。生きてたら、コンピューター使って、色々アートを模索したのかな?
それとも、マイケル・ジャクソンみたいに
自分だけの楽園を作ろうとしたんでしょうか?
エルビスみたいに太ったりしたかな?
色々と想像してしまいます。
8. Posted by ワインセラピスト   2007年12月08日 17:08
■松田優作。魅力あったよな。
 エルビスはどうして太ろうと思ったんだろう?
 ジョンは生きてたら、我々の考える範疇を超えて
 何かしててくれて、ぼくらをリードしてくれてるんじゃないのかな?
 だって、今のスピリチュアルブームなんて
 ジョンは60年代半ばにほとんど腑に落ちてるし
 今のミュージックシーンって80年代からは
 劇的な変化もないわけで、流通が変わっただけ。
 きっととてつもないことしてるよ。
 そんな事考えていると、ますます喪失感にとらわれちゃうな
 もう27年も経つのにな。
9. Posted by lenmac   2007年12月08日 21:47
5 弱さを、気持ち良いくらいさらけ出してますよね、この歌。最近は、恋する暇も無いけど^^男が隠してしまう卑怯な部分をさらけ出してるのが凄い。

僕も、あと3年でジョンの亡くなった年齢に近づきます。今考えると、本当にこれからっていう年齢だったんですよね。

しかし、いい写真ですね。ふとした瞬間の綺麗なジョンの部分です。
10. Posted by ワインセラピスト   2007年12月08日 23:52
■そっか、lenmac さんって
 激動の70年に生まれたんだ。
 ご両親がビートルズ解散を惜しんで抱き合って
 泣いている間にできた子がlenmac さんなのね。
 あいだにあるもの・・・ (笑)
11. Posted by Rico   2007年12月09日 12:44
この写真・・本当にいいですね。
抱きしめたくなるぐらい。
Jealous Guyもいいです・・
訳も素晴らしい。。

男性の心を歌った歌ですけれど、
なんかわかるのですよね。。
うんうん・・そうそう・・
ついね・・そうつい・・
後悔してる。
あのとき・・私が悪かった・・って。

シンクロします。。
12. Posted by ワインセラピスト   2007年12月09日 17:53
■誰にだって、そんな時はあるのさ・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ