2007年12月28日

死生観

3b2c8848.jpgいま頃年賀状の準備をしているのは
遅すぎるのであるが、宛名のリストから
亡くなった友人を消去する時の
なんともやるせない気持。
言葉にできない。
ご存知のとおり、私はミーハーな
スピリチュアル研究家であり
それは人生観や死生観、経営学を
学ぶうちに必然的に到達したのだが
いくら頭で理解していても
悲しいものは悲しいし、寂しいのは
とてもつらいのである。

「神へ帰る」って本は、今までのおさらいのような本で
主に死生観について書かれていて、死後の世界を迎える友人知人の
まわりの人々に安らぎや安心感を抱かせてくれる本であるのだが
この夏に読んだばかりであるにもかかわらず
人を失った喪失感は、やはり消えないのである。

年賀状を書きながら、同じ思いをされた方も
多いと思うけど、出会いがあれば別れもあるのであり
始まりは終わりの始まりであり、色即是空、空即是色である。

リストを見てて削除する時にとてもつらかったのは
自ら命を絶った友人である。しばらく手が止まってしまった。
昨夜、江原さんの番組「天国からのメッセージ」を見たが
自殺というものは、まわりの人たちを傷付けるのだ。
しかしながら、ご冥福をお祈りするのであり
ご家族の試練に幸あれと願うばかりであり
友よまた逢おう。としか言えないのである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by your soulmate   2007年12月28日 03:01
■昨年、同じことを経験しました。私の場合、自分がかつて代表をしていた職場で、ぎりぎり一杯の状況で擦り切れながら働いていた時、私を支え片腕となってくれた有能な仲間でした。途方もない喪失感から、しばらくのあいだ立ち上がれなかった。この日ほど、今までの人生で泣いたことはありません。しかし不思議に、悲しい涙ではなかった。あったかい何かが、確かにありました。my soulmate、今、共に祈っています。
2. Posted by your soulmate   2007年12月28日 06:17
■今ね、葡萄畑の忘年会が終わったところ。
 いま、ひとりになって思うのは
 生きるってのは、生きている人のためであり
 真剣に生きているって事が、人の支えになるって
 そんな、言葉にすれば単純な事です。

 今日の僕のスピーチに涙を流してくれた人。
 こころ動かされた人の為に、精一杯頑張ろうと
 思った一日でした。
 つたないスピーチに、何かを感じてくれた
 スタッフ皆さんに、感無量です。

 
3. Posted by Yuji   2007年12月28日 08:49
◆携帯からだったから、入れようと思ったURLが入らなかった(^^;
 
 一日一生涯。目が覚めたら毎日生まれ変わってる。
 今日も心は晴れで行きましょっ♪
4. Posted by ワインセラピスト   2007年12月28日 18:25
■Rain or Shine いい天気。
 包み込まれているんだよね。
 アーサー牧師のことばを思い出すよ。


5. Posted by Akko   2007年12月28日 19:12
春に義理兄さんが突然逝去。やっぱりなんとなく淋しいクリスマスです。
「神へ帰る」読んでみたくなりました。
6. Posted by ワインセラピスト   2007年12月28日 23:28
■お悔やみ申し上げます。
 この本は、「神との対話」ってシリーズの
 完結偏のような存在なので、こいつ単品だと
 やや難解かもしれませんが興味深い本です。
 Akko さんが興味を示してくれた事で
 もういちど読んでみようかなって気持ちになりましたよ。
 ありがとう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ