2008年01月26日

April Come She will

ec5a6bc1.jpg名古屋は冷たい風が吹いている。
いわゆるひとつの Cold as ice現象。
Foreigner なのであるが
これは、ポピュラーなネタではないので
聞き流して欲しい。
April Come She will
サイモン&ガーファンクルであって
「四月になれば彼女は」だ。

April Come She Will

April come she will
When streams are ripe and swelled with rain;
May, she will stay,
Resting in my arms again.
June, shell change her tune,
In restless walks shell prowl the night;
July, she will fly
And give no warning to her flight.

August, die she must,
The autumn winds blow chilly and cold;
September Ill remember
A love once new has now grown old.

春が訪れると聴きたくなるのであるが
なぜ、本日聴いているかといえば
花粉症が昨日から始まったのだ。

春の足音には、このうえなく敏感なのである。
昨夜、目が痒いので、どうしたのかと思えば
今日は鼻水ダラリ。なのである。
氷のやうに冷たい空気なのではあるが
もはや疑う余地もなく「春」である。

このまんま、お花見のシーズンが終わるまで
ティッシュは欠かせないのであり
街頭で手配りのティッシュはすべてGETs!である。

今年の花粉は猛威を奮うらしい。
おだいじに。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ