2008年02月19日

All Thing must Pass

a811c4ea.jpg万物は流転する。つまり
変わらないものは何もない
というのが唯一の真理である。
今日も、昨日のように生きているが
明日も同じように生きている確証はない。
ビートルズを初めて聴いたときに
ハートを撃ち抜かれ、ジョンの死は
自分にとって、初めての大切な人の
死であり、その喪失感は今も癒えない。
私が小中学生の頃は、しょっちゅう
ビートルズ再結成か?なんて見出しが
スポーツ新聞や週刊誌で見られたものである。
四人とも生きていて、話題の人であることが
当たり前だったのだ。

ジョージの死。
申し訳ないが、さほどのショックはなかった。
まだ、未熟な自分がいて、彼の生きざまや音楽を
理解できていなかったのだ。
そういった意味で、ジョージの音楽に親しむようになったのは
実は、ここ2年ほどなのであり、新参者である。
まさにAll Thing must Pass である。

「Concert for George」
そもそも、追悼ってコンセプトが好きではない。いや、なかった。
どちらかというと、偽善者の集うチャリティコンサートのような
なんか、みょうな居心地の悪さを伴うからである。
このコンサートも、ロイヤルアルバートホールに若き日の
ジョージの写真が飾られ、お葬式のようであり
じつは、まったく食指を動かされなかったのだ。

ところがコレステさんのすすめで、なかば無理矢理見せられたのであるが
このライブは、取り扱い注意である。素晴らし過ぎた。
序盤は、たんたんと観ていたのであるが「Isn't it a Pity」
この曲に「Hey Jude」をあてがったのは誰の仕業か知らないが
ここから号泣である。最初、パジャマの袖で涙を拭いていたら
べっちょべちょになってしまい、そこから先は、ほぼ泣きっ放しである。
ダニーのギターを弾く姿がまた感涙モノであり
拭いても拭いてもティッシュが足りない。

もちろんステージ上のアーティストたちには泣かす意図など微塵もなく
偉大なアーティストであり親友であるところのジョージの楽曲を
たのしんで演奏しているだけなのだ。
「ここにジョージが居ない事が寂しい」などと思っている輩は皆無だ。
そこに深い愛を感じて、こちらは泣けてしまうのである。
コレステさん、ありがとう!Wah-wah !

「Isn't it a Pity」


しかし、インド人が横笛を吹くと
コブラが出てくるんじゃないか?と
まわりを見渡したのは、私だけであろうか?



アヌーシュカ・シャンカールの演奏にも腰を抜かした。
指フェチとしては、視覚的にもたまらない演奏である。
まったくもって女神のように美しい。
天女の奏でるシタールであり、この世のものとは思えないほどだ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ダン・コレステ   2008年02月18日 20:59
でしょー
とにかくこのコンサートは愛に溢れているんですよ。
ジョージへの寂しさはあまり無いんです。
皆、素晴らしい人間ジョージ・ハリスンへの愛を確認しているかのようですよね。
途中のモンティ・パイソンの下ネタ満載のコントにもジョージへの愛を感じてしまいます。

最後の上から花びらが落ちて来てI'll See You In My Dreamsはもう涙、涙です。
2. Posted by ワインセラピスト   2008年02月18日 21:24
■ですぅー
 ありがとうございましたーっ!
 あのI'll See You In My Dreams が実質的に
 アンコールってかんじなのかな?
 もうね、ほんと、いいもの見させてもらいました!ってかんじ。
 食わず嫌いはいかんね。
 コレステロールが溜まるくらい食べないとね。
 YouTube で観てても涙ぐんじゃう。 (笑)
 http://www.youtube.com/watch?v=1Mu8D69uxA0
3. Posted by のろけんご   2008年02月18日 21:41
にこにこ。。ビリープレストンも亡くなってしまいましたね。。合掌です。
ドラムはジムケルトナーですね。
やはりしっかりした安心できるドラムですね。
クラプトンはやはり
クラプトンでしかないですね。
4. Posted by ワインセラピスト   2008年02月18日 21:48
■ワインシュタイン博士。どうもです。
 いつからそんなシニカルになったんですか?
 といいつつ、私もクラプトンに同じ印象を持ってました。
 インド音楽とのセッションの時は、ああ、ジョージも
 こんなふうにして弾いてたのかもな。なんて思いましたが
 クラプトンは、もう、自分を確立し過ぎちゃって
 どう音を出してもクラプトンだし、ジョージの歌も
 クラプトンの歌になっちゃう。
 良し悪しですな。

5. Posted by Yuji   2008年02月18日 21:55
◆おっ、来ましたね
 女神さまでしょ、アヌーシュカ
 思わず拝んじゃうよね
 ノラ・ジョーンズのおねーさん
6. Posted by moondreams   2008年02月18日 22:18
>インド人が横笛を吹くとコブラが出てくるんじゃないか?と
まわりを見渡したのは、私だけであろうか?
僕は、この人を思い出しちゃった。晩年は、毎年お正月TVでしか見たことなかったけど。
"レッドスネーク・カモ〜ン!”の(東京コミックショウの)ショパン猪狩さんです。この方も随分前に亡くなったんだよね。
7. Posted by ワインセラピスト   2008年02月18日 22:19
■Yuji が、このDVD の話をしたのが'04・11・29
 そん時に、インプットしてたんだけど
 実際見たのは、昨夜になっちゃった。
 これね、永久保存版だね。
 Yuji が彼女を女神という気持ちがもっとわかったよ。
 私は天女と呼びます。なんとなく濁点よりも
 nyo ってかんじなんだもん。

 ちょうど、このエントリーを探しに行く時に
 コメントが入りました。シンクロじゃ!
http://blog.livedoor.jp/crossroad4/archives/9985615.html
8. Posted by ワインセラピスト   2008年02月18日 22:32
■moondreams さん、どうもです!
 やっぱ"レッドスネーク・カモ〜ン!”ですよね。
 いやぁ〜 見たいなぁ〜
 YouTube にアップする人も居なさそうだもんな。
 あはは。

9. Posted by Yuji   2008年02月19日 13:16
◆そして今気づいたけど、この日のエントリーが
 となり駅に住むジョージ好きのロレッタとの
 出会いのきっかけとなったわけだ。
 うーん。あらためて、ありがとうジョージ。
10. Posted by ぬま吉   2008年02月19日 14:43
いいねぇ。

鳥肌がでてました。
最高の雰囲気ですね。それぞれが共にした年月から滲みでてるんだろうなぁ。
11. Posted by あおい   2008年02月19日 16:04
先日は、楽しい時間を有難うございました。
ワインもとても美味しく、ご機嫌でチドリ足での帰宅した。
最近、私もビートルズに目覚め、遅まきながら、流石だなと感じていた最中のこのブログ。
私は、カバーから入ったのですが、いい曲が沢山ありますね。
これだけ普遍的に愛され続けているこれらの音楽の底力を感じます。
おまけ
ワインセラピストさんの笑った横顔が素敵ですね
この前の新発見でした。
12. Posted by ワインセラピスト   2008年02月19日 16:40
■おおっ!Yuji 連休なのか?
 リラックスムードだね。
 いいことです。
 そうそう、そこ見ててさ、あれれ!?この頃は
 ロレッタさんブログやってなかったんだ。なんて
 妙な発見があったりして楽しかった。
 そうそう、昨夜もこのDVD見ました。
 Disk2から見たので、昨夜はDisk1。
 Wah-wah のダーニの熱い演奏とコーラスに
 またまた胸が熱くなりましたよ。
 誰かのブログでデビューしたって書いてあったよな。
 たのしみです。

13. Posted by ワインセラピスト   2008年02月19日 16:43
■ぬま吉さんのおかげで、昨夜はYouTube で
 「R-1 2008」を検索。なんか、流れで
 高田純次まで見てしまい寝不足です。
 そうそう、わたしも「ホイサッサ」に
 鳥肌が立ちました。

14. Posted by ワインセラピスト   2008年02月19日 16:47
■あおいちゃん、ほめ殺し? (笑)
 お世辞でもうれしいです。
 じゃ、こんどキャラメルでもごいっしょしながら
 ビートルズを語りませう。


15. Posted by Yuji   2008年02月19日 17:59
◆いえ、仕事中にコメントいれました。
 いつもリラックスを心がけてます(笑)
16. Posted by Akko   2008年02月19日 19:09
機会があったらこのコンサート観てみたいです。
モンティパイソンのコントがあるのならなおさら!

ジョージではないのですが、ドラマーだった「リンゴ スター」、子供達に人気!?なトーマス機関車のTVオリジナル版で彼がナレーション・声をやってるんですよ。
17. Posted by ワインセラピスト   2008年02月19日 22:19
■あはは。Yuji ナイス!
 そうそう。
 以前の皮ピックガードってボツったんだっけ?
 MM。いーな。かわいいよ。

18. Posted by ワインセラピスト   2008年02月19日 22:23
■AKKO さま、どうもです!
 コントはないんですが、歌がすでにコント?
 最初見たときは、ふーん。でしたが
 二度目にツボに入りました。
Concert for george Monty Python で
 YouTube 内で検索するとザックザク出てくるので
 見てみてくださいね!
 
 リンゴだったのか!
 子供が小さい時に、英語版を見せてたんだけど
 誰かにあげちゃったな。
 リンゴだと知ってたら保存してたのに。
 残念。気付かなかった。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ