2008年05月02日

泳ぐのに、安全でも 適切でもありません

870be7e2.jpg「神様のボート」ってタイトルも
そうとうに興味を引いたのだが
この本も同様にタイトル買い、である。
過日の江國香織を読んで
すぐに買いに走ったのだ。
この本は短編集で10作品だが
解説文を山田詠美が書いていて
その解説文がすでに短編小説の
域に達しているので、全11作と
言ってしまって構わないだろう。
CD で言えば、全11曲の内、1曲が
山田詠美のトリビュート曲。
そんなふうに音楽を聴くような感覚なのだ。

It's not Safe
or Suitable
to Swim
泳ぐのに、安全でも 適切でもありません

日本語も英語も洒落ている。
想像しただけでスリリングなのであり
そういう状況を好む性格の自分を見つけてしまう。

ま、この本では恋する女性の一瞬を切り取ったストーリー集で
1篇を読み終え、次の物語に移行する際、登場人物のキャラクターが
自分の中で徐々にできあがり、感情移入したところで
ストーリーは終わってしまう。
そこがまた、短編小説の醍醐味であり想像力をかき立てる。

食事のシーンや愛し合うシーンは特に五感を刺激する。
(股間ではないので念を押しておく)
山田詠美も解説しているのだが、匂いや湿度や味覚などが
リアルに伝わってくるのである。
私も主人公と同じことを、よく考えた。
始終いっしょにいると、ふたりは同じ細胞になるのではないか?
江國香織は書かないが、おなじ成分のうんこをしているのではないのか?と。
自分の排泄物までが愛おしい対象になってしまう。
それは、恋愛期においては、めっちゃ幸せこの上ない感情なのであり
人間として生まれてきた以上、人間としての感覚を
最大限愉しむという主人公たちの息遣いが聞こえるようである。

リスクのない人生は、つまらない。
そいつがあってこそ、生きている実感が湧くのである。
泳ぐのに、安全でも適切でもなくたって
キラキラ光るみなもを見て、飛び込んじゃうタイプの人におすすめだ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 局長   2008年05月02日 00:22
ほしたら読まないかん
2. Posted by ワインセラピスト   2008年05月02日 01:53
■股間は刺激しんげどが、ええきゃぁ〜も?

3. Posted by 局長   2008年05月02日 05:39
股間も欲しいがね
4. Posted by Dakko   2008年05月02日 15:42
今ワインさんて、うんこも愛おしくなる様な
恋してるの?
5. Posted by ワインセラピスト   2008年05月02日 16:01
■局長!沽券にかかわるがね。
 (ほーかしゃん?)

6. Posted by ワインセラピスト   2008年05月02日 16:02
■Dakko ちゃん、そう読みましたか・・・・

7. Posted by しおりーな   2008年05月02日 18:39
お久しぶりお元気ですか?

びっくりです!!
私、この本読みましたよ
発売してすぐに買いました!!
もう何年か随分前だったと思います。
たまたま東京出張で電車のつり広告で
同じくタイトルに惹かれたのです。
この本を知って即買いに行きました。

ルンルン♪な恋と言うよりは
人間臭さを感じた書籍でした。
8. Posted by ワインセラピスト   2008年05月02日 19:20
■おお。しおりーなも飛び込んじゃうタイプなのね。
 山田詠美の解説はさすがでしたね。
 彼女と私の琴線はどうやら同じのようです。
 「りんご追分」は、泣けたよ。

 ダイエット後の姿も拝見したいので
 ぜひぜひ遊びに来てくださいね。
 見事にリバウンドさせてあげます。(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ