2008年05月05日

井の中の蛙

7c05a483.jpgこういう偶然ってあるんだ。
っつーか必然か。
はたまた作り話か?
喪失の国、日本
―インド・エリートビジネスマンの
「日本体験記」
のめり込んで読んでいる。
訳者は、インドで原語で書かれた本を
書店で見つけて読めないのに買った。
あの広い国土で、その10日後に
(10日も移動して)著者と偶然に出会った事から
食事に誘われ、なんとなく直感でその誘いに乗ったというのが
そもそものきっかけなのだそうだ。

日本から見るインド。
ま、世界中から見て奇抜なのだが
インド人から見た日本もまた、奇異なのであり
井の中の蛙とはこの事で
外国に行ったり、外国人と接してはじめて
日本を理解したりするのである。
外国人の見た日本は興味深い。
そうそう、以前、ソ連で書かれた「日本史」の
翻訳版を、興味深く見たのだが
あいにく、その頃の私は、日本の歴史に興味がなくて
結局読まなかった。残念な人である。

今日のお客様ポーランド人は、明日は
浜松に凧揚げを見に行くと嬉々として話していたが
彼女たちも、ポーランドに帰ったときに
自国のすばらしさを発見するのかも知れない。

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ロックンロール音楽の"はら"  [  「あいだ」にあるもの ]   2008年05月05日 20:48
今の自分に必要なものごとはきちんと前もって用意され、準備されているものであり、それを必然と呼ぶか、引き寄せと呼ぶか、そんなことはまぁどちらでも好きでいいのだが、こちらのブログでこの本が紹介されていたのがきっかけで、何気なく手に取った。元々ぼくは仕事柄、日....

コメント一覧

1. Posted by LINDA   2008年05月05日 03:38
今回もタイムリーな話題です。
昨日、イタリア人の友人とイタリア料理を食べに行きました。
色んな話をしましたが、日本人である私が、海外の人があまりに歪んだ日本像を持っているのが歯がゆいのと同じで、イタリアンの彼も、やっぱり同じことを感じているのが印象深かったですね。
また、日本人の私はLAの「ゆるさ」とか「プライバシー」の無さ、「仕事の遅さ」に辟易なのに
イタリア人の彼は、逆に全てLAは、「プライバシーを守って人付き合いがない」「仕事が速い」などと、まったく逆なのにびっくり!!
2. Posted by LINDA   2008年05月05日 03:39
イタリアじゃあ、恋人同士の進展具合、知り合いの年収など、聞くのが当たり前だそう!!
観光でイタリアに行くのはいいけれど、住んだら地獄ですね(笑)。
しかも、マフィア話が多くて面白かった。
日本のヤンキーが「ゴッドファーザー」をかけながら走る話をしたら、大うけしてました。
後、高校が5年あるとか、驚きの連続。
異文化交流は楽しいです。
3. Posted by Yuji   2008年05月05日 12:02
◆ほんとにね〜
 外の視点からみると
 おもしろいですね〜この国は

 ものすごく誇らしくなります
 それもチカラ入らない自然な感じでね(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2008年05月05日 17:43
■郷に入らば郷ひろみ。
 虎穴に入らずんば工事中がモットーな
 私としては、異国は大好きです。
 外国人と接するのも好きなのですが
 コミュニケーションツールが貧困なので
 昨夜のポーランドギャルにも、もっとたのしんで
 欲しかったのだけれど、日本語がまるで
 話せない人たちだったので残念でした。
 いろんな国で、いろんな人たちに愉しませてもらっている分
 お返ししたいのにね。
 
 Linda の言う事を真に受ければ、人は
 所属している文化によって、感じるっつーか
 時間の流れる速度がまるで違うわけで
 メキシコ人の50年は日本人の80年以上なのかも
 知れないし、やっぱ時間なんて概念は
 無いような気がしてきました。
 うーん、勉強になるなぁ。

5. Posted by ワインセラピスト   2008年05月05日 18:01
■Yuji どうも!
 この本は、どこまでインド人の受けた印象で
 どこから訳者の創作なのかがわからないのだけど
 われわれが外国で感じるもどかしさの
 まったく逆なのであり、ここちよさの概念や
 いい匙加減など、考えさせられることも多いのだけど
 Yuji の日常のほうがきっとおもろいよ。

 アメリカ人の見た日本ってのを、Yuji の
 感覚で本にすると結構需要があるかもよ。
 彼らの素朴な疑問に、こう答えたよ、みたいなね。
 以前、Yuji が教えてくれた「和をもって尊しとなす」
 の英訳で、結構検索してこのブログに来てる人
 多いんだよ。きっと多くの人の役に立ってますよ!
 Importance of the concept of "WA"
(Always Peace in Mind, Totally Harmonized Human Relationship)

6. Posted by Akko   2008年05月08日 01:00
ポーランド人最近いろんな所に進出してますよねえ。
F1にまで…
イギリスへの出稼ぎ労働者も増えました。彼らとても働き者です。

先日イギリス人の旦那さんを持つ友達が「お土産要らないから楽しんできてね!」って旦那さんを慰安旅行に送り出したら本当に何も買ってこなかった!!!って怒ってました。
日本人は「いらない」って言われても何か買ってくる…って。
7. Posted by ワインセラピスト   2008年05月08日 20:48
■あはは。いつのまにか、日本人のほうが
 レディ・ファストの国になっていましたか。
 いいことです。
 ビバ!日本男児。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ