2008年05月09日

Between the Bars

c3abc7c8.jpg「Either/Or」 Elliott Smith
ラフに録音されたと想像される
このアルバム。デモテープのようだ。
彼の息遣いや、想いが詰まっていて
完成度は高くないのだが
彼の持つキャラクターは
しっかりと出ていて、声に潜む
湿度を伴う憂いや感傷が
やさしいギターと相乗して
聴き入ってしまうのである。
誰かに声が似てるなって思い付き
誰だろうと考えていたら
そうだ!杉真理だ。

バカンスはいつも雨


繊細な味わいの杉真理を、さらに繊細に弱々しくしたのが
エリオット・スミスと言ったら、侮辱になるのかな。
でも、そこが魅力なんだよな。
このふたりには共通点がある。
ビートルズの影響がとても強いというところだ。

Say Yes


この2曲は映画「Goodwill Hunting」に使われたバージョン。
ともに「Either/Or」に収録されている同曲よりも完成度は高い。

Between the Bars


しかしながら、作品の完成度だけが評価の対象ではない。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ロレッタ   2008年05月09日 17:53
うわぁ
杉さん
2. Posted by ワインセラピスト   2008年05月09日 18:17
■関東だと、彼のライブを見るチャンスも
 少なからずあるのでしょうね。
 「ラスト・ナイト」とか「Nobody」など
 ビートルズフリーク丸出しの曲が好きです。
 そうそう、名古屋でビートルースのライブが
 あったようです。
 気付くのが遅かった。
 すでに終わってました。

3. Posted by サワ   2008年05月10日 22:52
このエリオットスミスのアルバム!I−Podで毎日仕事帰りに聞いています。
ちなみに出勤時はアジアンカンフージェネレーション!?
4. Posted by ワインセラピスト   2008年05月11日 21:14
■「X.O」「Figure 8」などとは、まったく違う出来映えですね。
 「New Moon」に近い雰囲気。
 私は、「Goodwill Hunting」がまた、観たくなりました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ