2008年05月20日

The Dark Side of the Moon

9e4cdb37.jpgPink Floyd を聴いている。
「The Dark Side of the Moon」
邦題は「狂気」なのだそうだ。
高校生のときに友人の部屋で
聴かされたのは、ピンク・フロイドの
どのアルバムだったのかは
まるで覚えていないのだが
なんの感動もなかった。
そのまま30年近く経過して
今、聴いてみると「いいじゃん!」
という印象であり趣がある。

なぜ突然?とお思いだろうか。
過日読んだ本「ヒーリング・ハイ」(山川健一)の中で
瞑想に適した音楽として紹介していた、とともに
Yuji のブログにも紹介されていて、彼らしくないチョイスだし
何なのだ?このシンクロは?と考え込むよりは
聴いてみるべし、と聴いてみたなら、いいじゃんこれ!である。
夜中に大音量で座して瞑想用に聴いてみることとする。

最初に聴いた時、一曲目がやたら長い曲だななどと思ってたら
次の曲になったはずが、5曲目であった。
いつの間に変わったのだ?驚きである。
しかも、このアルバム、聴いててぜんぜん古くないのだ。
1973年の録音としてはズバ抜けているのではないのか。
しかも、スピーカーから離れた所から音が聞こえたりするぞ。
いとをかし、である。

なにしろ「The Dark Side of the Moon」だもんな。
在るのに無く、無いのに在る。
色即是空、空即是色ってのが連想の第一印象なのである。
その原題がなぜ「狂気」なのか、どうしてジャケットが
プリズムなのかは追求しないこととする。
何ごとにも意味を付けたがる性分なのだが、音や構成
メロディや言葉などには、一切まるで意識を傾けず
ただただ瞑想のツールとして使う所存である。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Akko   2008年05月20日 00:30
うちの旦那がフロイドファンです(でした)。(41歳です)
このアルバムの表紙、先日息子が「どうやって虹はできるの?」という質問に大活躍でした!
旦那が思い出したように取り出してきて説明してましたよ。
2. Posted by ワインセラピスト   2008年05月20日 01:05
■「子供にどうやって説明するの?」
 Akko さん、大活躍お願いします。
 Bright side of Life なら説明できるけどな。

3. Posted by サワ   2008年05月21日 00:53
実は私が中学の頃、最初に買ったLPはピンクフロイドのファイナルカットでした!
4. Posted by ワインセラピスト   2008年05月21日 01:33
■実は私が最初に買ったLPは郷ひろみでした。

5. Posted by Akko   2008年05月21日 17:08
実は私達もよく知らなかったので、3人でウェブ探索をしました。
「太陽の光が雨のレンズを通り抜けると色んな色(7色とは限らず色んな種類の虹があるそうです。)に変化して出てくる...」と書き出してあって、それを呼んだ瞬間に旦那が「ちょっと待って!」ととっさに思い出してアルバムを取り出してきたんです。
6. Posted by ワインセラピスト   2008年05月21日 17:59
■こども、わかった?
 子供に説明するのって意外に骨が折れますよね。
 算数もけっこうたいへんなんだな。 (笑)

7. Posted by Dakko   2008年05月23日 00:22
>1973年の録音としてはズバ抜けているのではないのか。
私は音楽ことは分からないが、かつての友人が
ピンクフロイドの大ファンで勧められて少し聞いた
ぴんとこなかったが・・・
録音技術では突出した技術をもっていると
色々説明されたけどすっかり忘れてもた

・・・瞑想に適しているのか
何か不思議。

8. Posted by ワインセラピスト   2008年05月23日 01:31
■いいっス!
 寝る時にかけてるとめちゃイイ。
 お昼寝のときは、ヘンテコな夢を見るしね。
 おすすめだよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ