2008年05月28日

オレゴン

09915342.jpgエイ・トゥ・ズィー・ピノ・グリ'06
オレゴン州の白ワインは初体験だ。
パイナップルや黄桃、オレンジなどの
厚みのある味わいに加えて
酸も適度にあるので輪郭も
しっかりとしており美味い。
かすかに甘みを感じるが邪魔な
甘さではないしフルーティだ。
日本料理にも相性は良いのではないか。
A to Z などというネーミングが
ワインの全てを知ってるよ、みたいな
意味に捉えてしまい、私からは
少なからず反感をかったのであるが
合格と言わざるを得ない様子である。

オレゴンというと連想してしまうのは
OREGON とサックスで書かれたパステルイエローのトレーナーである。
ハマトラとかサーファーが流行した頃、ボートハウスとかの
ロゴ入りのトレーナーが飛ぶように売れていて
ハーバードなどのアメリカの大学のトレーナーや
カレッジリングまでしていたのは、今考えたら
相当に奇妙な流行であった、のではないか。
ホットドッグ、ポパイ、Fine(ファイン)恐るべしである。(あった)

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ひみつのAkko♪   2008年05月28日 03:43
あーーー これ飲んだことがあります
いつ飲んだのか記憶に無いですが
味も忘れちゃってます
名前が印象的で...記憶に残ってるの(たぶん)

2. Posted by ワインセラピスト   2008年05月28日 18:31
■Akko たん、早起きだね。
 そっか、また見つけたらお買い得ワインだよ。
 そんなに安くはないけど、しっかりしてる。
 Akko たんのお料理にはぴったりだよ。
 色違いのラベルはピノ・ノワール。
 これも試してみたいね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ