2008年05月30日

無苦集滅道

5d559a16.jpgはずかしながら、この歳で
般若心経を知らない。
数年前に、書店で平積みされていた
「般若心経入門」という文庫を見た時
中身も見ずに買ったのだが
読んでみると、一字一句を細かに
解説してあるのかと思いきや
さにあらずで、そういう部分も
もちろんあるのだが、ザックリと
語られる部分が多く、しかも
もののたとえ方が、どうも
しっくりこなくて早々にご辞退を
申し上げたのだが、過日ひょっこりと
出てきて、再度読んでみたら
わりと良い事が書いてあったりして
読んでみたが、ひとつだけ気に入ったことばがあった。

『無苦集滅道』である。
つまり、苦しい時、その原因をつきとめ原因を取り除こうとする。
しかし人生ってものは、もともと「苦」なのであり
そんな事はあり得ないし、意味のないこと
そんな方法(道)などない、って意味である。

苦が苦であるのは、苦を苦にするからであり
苦を苦にしなければ、苦は苦ではないのである。


つまり、苦も楽もしょせん「空」なのであり
こころの持ちよう、しかもそのこころの尺度すら
ゴム紐のような物差しであり、曖昧このうえないのだ。

たった五文字でそれを伝えるってのはすごいな。
しかし、私の受けた印象は、とどのつまり
仏教も神道もあらゆる宗教も、言ってることは
ほぼ同じであり、方言のようなものだ。

過日、TV で見たのだが、あるお話を100人で伝言ゲームをして
どれくらいちゃんと伝わるかを実験していて興味深かった。
結果から言えば、10人目にはもう、話がまったくかわっていて
100人など伝わるはずもないのだ。
伝える人の経験やキャラクターによって受け取る視点が違うし
表現力も十人十色、千差万別なのである。

そこから得られるもの。
つまり、二千年も前の話に真実味があるのか。
ジーザスも仏陀も、桃太郎さんもかぐや姫も
きっと、草葉の陰で泣いているような気がするのである。

あらゆる宗教や哲学に触れる機会に恵まれた現代では
「ええとこ取り」のできる、たぐいまれな時代なのであり
般若心経をはじめて学んでも、あまり学ぶべき事はないのである。
こころにズシンとくる「般若心経入門」があったら
ぜひぜひご紹介頂きたい。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by LINDA   2008年05月30日 03:49
ワインセラピストさんに、激しく同意!!
そのTV私も見ました。歴史も噂も、真実を見極めるのって
難しいですね。みんな主観を入れて話すから、全然違ってきますね。
「宗教の種類=方言」説。ナイスです。
いつも思うのですが、人がするべき大切な事は、とてもシンプルで、普遍のものだと。
多分、ほとんどの宗教が言っている、教えは
既に「ことわざ」になっています。
しかも、どの国のことわざも、言い方は違っても
本質は同じだと感じます。
色んな国の人と話すけれど
習慣や価値観は違っていても
本質は、同じだと感じることが多いです。
違和感を感じるのは、その手前の
習慣、価値観の違いの部分で、
ねっこは、人間、似たもの同士だなあと思う事があります。
人類みな兄弟、って笹川会長かっ。
2. Posted by aoi   2008年05月30日 13:58
お久しぶりです
最近、丸の内は雨模様ですねえ

どんなに時代が変わっても、根底にあるものは変わらないんですね
だったら悩まなきゃいいのに、モニョモニョといらぬ想いばかりが浮かんできてしまいます・・・
3. Posted by ワインセラピスト   2008年05月30日 16:28
■ええっ!?L.A.でもう見られたの?はやっ!
 LINDA に教えてもらった「おさぼり専用ブログ」には
 でてなかったよね。
 あの実験は衝撃だったな。
 笑えなかったもん。
 そうそう「神道と日本人」葉室頼昭は手に入りますか?
 入手困難なら送ります(贈ります)。
 海外に住む日本人にこそ読んで欲しい。
 一冊は、タイの友人にプレゼントしました。


 
4. Posted by ワインセラピスト   2008年05月30日 16:32
■aoi ちゃん、げんき?
 あなたはセルフ・ヒーリングの方法を
 数多く持っているから元気だよね。あはは。
 また、キャラメルでもごいっしょしましょう。

5. Posted by LINDA   2008年05月30日 23:35
ええ、日刊YOU TUBEで見ました。
あの番組は毎回はUPされないので、バラエティーのコーナーを5月14日まで戻ると見られますよ。
ちなみに、「行列・・」のオークションも見てます。
衝撃実験ですよね。言葉は難しいですね。
名古屋の「英傑行列」を東京でRADIOで聞いていた友人市川くんは
「LINDA!ええケツ行列って何?Tバックとか?ブラジルのサンバみたいなヤツなの?」
・・・・・・と、マジボケで電話してきましたからね。
聞き間違いも含めたら、もっとズレます。
「神道と日本人」是非読んでみたいです。
今「しんどう」ってPCで打っても変換できませんでした。
最初に出たのは「振動」でございました。。
6. Posted by LINDA   2008年05月30日 23:37
「しんどう」じゃなくて
「しんとう」だったんですね。

言葉では、「シントウ」と言っていたくせに
読むと「シンドウ」・・

はあ、日本語って難しい。
7. Posted by ワインセラピスト   2008年05月30日 23:49
■そんな「ええけつ行列」ぜひ拝見したいものです。
 みんなが、けっこう仮面みたいなかんじね。(笑)
 「神道と日本人」一ヶ月以内に送ります。
 首を長くして待っててください。
 言われてみてはじめて気付いたけど
 どうして「シントウ」なんだろうね。
 奥深い何かがあるのかも。

8. Posted by Yuji   2008年05月31日 07:25
■ここ

>苦も楽もしょせん「空」なのであり
こころの持ちよう、しかもそのこころの尺度すら
ゴム紐のような物差しであり、曖昧このうえない

あ〜心地いいなぁ〜
この「ゴム紐」って表現いいね〜。

たった五文字だよね〜ほんと…
あれ?
これってオリジナルwは、サンスクリットだっけ?
五文字に翻訳したのは誰か中国の偉い人?かな。
9. Posted by Yuji   2008年05月31日 07:41
■また自分とこにそのうち書きますが
昔読んだ本に「森林の思考・砂漠の思考」てのがあって。
ああ、なるほどな、と思えたのは、「森林の民と砂漠の民では、ものごとを見ていた視点が異なる」っていう考え方で。
気候風土によって生まれてくる思考法も違うよね。
大昔はさ「どう考えるか」は、つまり「どうやって生き残るか」だもんね。
あ、でも、大昔は、って自分で書きながら、今も同じだって、いま気づいた・笑
10. Posted by LINDA   2008年05月31日 12:32
何ででしょうね?気になります。
本の到着、楽しみにしております。
ありがとうございます。

11. Posted by ワインセラピスト   2008年05月31日 16:43
■そうそう、Yuji の言うとおり。
 実は、般若心経もサンスクリット語を無理矢理に
 漢字を当てはめた地点で、そもそも元々の意味とは
 かけ離れているのであって、発音を漢字にするわけだから
 実際、駄洒落みたいなもんだよね。
 「アクロス・ザ・ユニバース」の歌詞の音がきれいだからって
 それを、漢字にしちゃったら別物になっちゃう。
 般若心経もマントラで、そもそもその音が大事なので
 意味は、それこそゴム紐のように解釈されるべきなのかも
 しれないね。
 あ、ゴム紐って表現は、作者の「ひろさちや」さんの言葉です。
 われわれって、文学だろうが宗教だろうが何でも
 音楽とリンクして考えちゃうんだね。あはは。
12. Posted by ワインセラピスト   2008年05月31日 16:51
■「森林の思考・砂漠の思考」はね、ハワイを研究してて
 猛烈に思ったよ。つまり、同じ島国で火山によって
 創られた国土であり、森林に恵まれているという
 共通点があるじゃん、すると同時にきれいな「水」の恵みが
 当たり前にあったからこそ、日本の神道とハワイの宗教は
 とっても類似点があり、万物に神が宿っていて
 八百万の神が居るんだよね。
 ジャマイカ人も、なんか似てるんだよ。
 奴隷として連れられて来て、たった400年の歴史しかないけどね。
 長くなりそうなので、そちらにバトンタッチします。
 エントリーを楽しみにしてますね!


 
13. Posted by ワインセラピスト   2008年05月31日 16:52
■LINDA 、忘れた頃に到着するから。(笑)

14. Posted by Yuji   2008年06月01日 22:09
◆UPしました。
15. Posted by ワインセラピスト   2008年06月01日 22:47
■Yuji のエントリーは、完璧です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ