2008年06月26日

人生とは、波乗りのようなものである

31a72222.jpg真っ赤なシボレーに乗っていた彼女は
「人生って、波乗りみたい」
確かにそう言った。
彼女の言い分はこういう事だ。
なにをやってもうまくいってる
そんなふうに見える人だって
最高のテイクオフをするために
日々の体力増進を怠っていないし
いくつもの波にのみこまれ
海面がどっちなのかさえも
わからなくなって、死ぬかと思ったという経験も
数え切れないほどするわけであり
ボードで身体や頭、顔などにも、いくつもの傷を付けながらも
最高のカットバックの快感や海とのエネルギー交換や
地球、いや、もっと言うなら宇宙との一体感を愉しむ。
そのエクスタシーが、好きで好きでしょうがないから
いろんな波にチャレンジしながら
自分のスタイルを確立していくのであり
たまたま波に乗るなんて現象は
存在しないのだ、ということだ。

「あいつ波に乗ってるな」という表現をしたりするが
どこかマグレっぽい言い回しであったり
どこか妬みの混じった表現であったりする。

けれどそれは、ながいながい波待ちのあとであったり
ストイックに体力を付けた賜物であるわけだ。
潮の流れや、天気図のチェックも怠らない。
身の危険を感じたら、さっと身を引く決断力も
当然持ち合わせていないといけないのである。

人生ってのは、波乗りのようなものである。
よって、彼女には迂闊には乗れなかったわけだ。
とても美しいビッグウェイブだった。

Sparkle


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Rico   2008年06月26日 19:33
鳥肌立つ〜〜〜〜っ!
もうもうもう・・本当〜〜〜に好き♪
青春時代の夏の定番です^^

人生とは波乗りかぁ〜・・
そうかもしれませんね。
今はブレイク気味・・・?な私・・・
練習がてら、腰上くらいの波がきてくれるといいなぁ〜。。
2. Posted by Rico   2008年06月26日 20:54
連投ごめんなさい・・
SparkleのBassってすっごくチョッパーかっこいいけれど、誰なんだろう・・
チョッパーといえば青木智仁!
亡くなったときに号泣しました。。。

「2番目」に好きな(謎)ベーシストです。
3. Posted by ワインセラピスト   2008年06月27日 01:02
■伊藤広規ですね。
 ボンバーのベースがかっこよくってさ
 高校の授業中にずっとイスを叩いて
 練習してましたよ。

 たぶん、いちばん好きなベーシストは
 同じかもしれないですね。

4. Posted by プチレオン   2008年06月27日 08:58
い〜映像をありがとう。。。
明日のイメージトレーニングになりました?
5. Posted by ワインセラピスト   2008年06月28日 02:22
■プチレオンさん、気をつけて!
 錦三の海は、ウド巻いてます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ