2008年10月08日

見ず知らずの人に親切にする

b92e0c2d.jpg昨夜『最高の人生の見つけ方』を観た。
結論から言えば、OKであり
それ以上でなかったのは遺憾だ。
なぜなら、ジャック・ニコルソンと
モーガン・フリーマンである。
この天才俳優二人を使う監督は
やはり、化学反応を起こす義務があり
ワインの世界で言えば、シャンパーニュと
キャビアなのである。それを屋台で
「やっぱこの組み合わせはOKだね」じゃ
あまりにも寂しいのではないのか。
しかるべき雰囲気の中で愉しみたいのが
人情なのであり、ビールと砂肝でも
良かったのではないのかという気分だ。

期待どおりではなく、期待以上を求めてしまうんだな。
しかも、日本語タイトルにおいては『最高の人生の見つけ方』などと
売れそうな本、のような題名をつけるより、直訳で「棺おけリスト」と
した方が、この映画の本質が伝わるのではないのかと思ったぞ。

とはいうものの、家族愛はみごとに描かれていたし
夢(棺おけリスト)を、ひとつひとつかなえる部分では
少なからず、わくわくしたのである。

人と人の結び付きというのに、時間は関係ない。
出会うべくして人は出会い、影響を与えあう。
過ごす時間にも左右されない。
そんな普遍的な事実に気付かせてくれる映画だ。

袖擦れ合うくらいの出会いだったのに
いつの間にか、自分に欠かせない人がたくさんいるという事実
とても大切な友人にかこまれていて
あらためて、在りがたいな、と思うのである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 鈴光   2008年10月07日 23:31
この映画は私も見ようと思って
リストアップしてあります。

人って知らない間に距離が縮まり
かけがえの無い存在になってますね。

2. Posted by Dakko   2008年10月07日 23:41
この映画春ごろ観たんだわ

そう、何がずれてるのかわからないけど
OK以上じゃない
きっと少しの事なんだろうな
センスだよね
私もタイトルへんなの〜と思ってました

それにしてもどうしてモーガンフリーマンは
いい人に見えるんだろうね
ジャック・ニコルソンは真逆
どう見てもいやなやつか、サイコ野郎か
どくろベー様、ちがうか!
でもむかしっから
ジャック・ニコルソンの強烈なアクがすきなんだな
3. Posted by ワインセラピスト   2008年10月08日 00:41
■鈴光さま、最近映画づいてますな。
 運命というほど大袈裟じゃなくても
 人と人の出会いってのは、紙一重の部分が
 とっても多くて不思議です。
 食欲の秋ですね。
 リストアップとともにヒップアップも
 がんばってください。(Joke)

4. Posted by ワインセラピスト   2008年10月08日 00:45
■Dakko ちゃん、そりゃこのふたりが主演で
 期待しない方が無理だよね。
 香港のホテルの台詞、覚えてます?
 「しあわせな奥様ね」
 「いや、私が幸せ者だよ」
 モーガン・フリーマンだからキマるんだよね。
 私が言うと、完全に偽善者だもん。

5. Posted by アリス   2008年10月08日 01:59
『最高の人生の見つけ方』

このタイトルは、みなさまにウケがいいのでしょうか?

私は、屈折しているのか「棺おけリスト」の方がそそられます

ワインの世界で言えば、シャンパーニュと
キャビアなのである。それを屋台で
「やっぱこの組み合わせはOKだね」じゃ
あまりにも寂しいのではないのか。


なるほどねぇとこの喩えには関心します

余命6ヶ月の結末が知りたいので、パックンチョしてきます
最後どうなるかはしゃべらないでね

「老人と海」は山でたとえるなら7合目まで読みました
ペラペラなのにまだ、読み終えていません
ベッドで眠りに入る前に読んでいます
すごく心地いい眠りにつけるのです(マイブームです
つまらない本だったら1合目で下山します

6. Posted by Dakko   2008年10月08日 11:06
アリス、読んだら「老人と海」貸してもらおうかな〜☆

ワイン様

ホテルのシーンは覚えています
美女とアバンチュール出来ないのはいかにも
モーガンフリーマン的
逆にアバンチュールしまくり中年男を演じられるのだろうか


ワインさんが云う台詞なら・・・
もっとあぶないのがいい
良識人なんてつまらない
7. Posted by nandscomjp   2008年10月08日 12:45
モーガン・フリーマン、元気になったかなぁ?
8. Posted by ワインセラピスト   2008年10月08日 16:24
■アリスさま、励みになるおことばを
 ありがとうございます。
 「老人と海」は、かつても書きましたが
 やはり、今読んだから良さがわかったような
 そんな気がします。
 人生経験をある程度積んでいないと
 そして、少年の頃のようにエネルギーに
 満ち満ちていると、老人の心境を
 わかってあげられない気がしますね。
 
 「シャイニング」見ました?
 ジャック・ニコルソンの最高傑作です。
 あわせてお薦めいたします。
 当時の彼は、あたまがシャイニングではないことを
 付け足しておきます。

9. Posted by ワインセラピスト   2008年10月08日 16:28
■Dakko ちゃん、私のあこがれはマイク・マイヤーズですね。
 あんなふうに美女を口説けたらいいよ。
 「イェーベイビイイェー」ってかんじです。
 オースチン・パワーズ参照。

10. Posted by ワインセラピスト   2008年10月08日 16:29
■nandscomjpさま、そうなの?
 緒方拳さんには驚きました。

11. Posted by Dakko   2008年10月08日 21:29
マイク・マイヤーズってどんな顔だったっけと、サイト見ました
グルの役でインドのグルに怒られたんだね爆
おちゃめ!
あ、タランティーノの映画に出るんだ〜
ナスターシャもでるんだ!おもしろそう★
↓ニュース

http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d00000affdn.html

12. Posted by ワインセラピスト   2008年10月08日 22:54
■拝見しました。
 ブラピと共演か、不思議な感覚。
 どんな映画なんだろうね。

 オースチン・パワーズは
 ヘザー・グラハムの出てたのがいちばん好き。
 http://jp.youtube.com/watch?v=AK2ABpZ4F3s

 
13. Posted by 鈴光   2008年10月08日 22:59
「老人と海」私も通勤途中のバスの中で
読んでいます。

でもいつも睡魔に襲われ・・・
まだまだです。
14. Posted by ワインセラピスト   2008年10月09日 00:36
■鈴光さま、おこちゃまなのね。
 乗り物に揺られると心地良く寝ちゃうなんて
 うらやましい限りです。
 私は今日、久しぶりに地下鉄に乗りましたが
 いつもと違う風景にキョロキョロしてしまい
 たぶん、挙動不審者だったと思います。
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ