2008年10月13日

我らパープー仲間

cb6b52c7.jpg昨夜、WOWWOW でサザンオールスターズの
ライブを見た。感動したな。
桑田の言葉だ。
「死ぬなよーっ!」
深い。
彼は、年齢的に少しばかり
アニキなのであり、不必要に命を
落とした友人も少なからず居るのだろう。
昨夜のエントリーともリンクするのだが
My Life は、Your Life なのであり
大切な友人が、勝手に死を選んで突如居なくなるのは
自分の中に、なにやらポッカリと穴があいてしまうのであり
自分勝手に居なくなるなよ!という気持ちになるものだ。

「またなーっ!」
という桑田のことばに、そんな感情を読み取り、泣けたのである。
サザンを見に来る人たちの年齢層がいちばんヤバイしもったいない。
しかも、自殺される方に取っちゃ、一大事なのであり
Your Life は、My Life なのである。

過日の同窓会でも、本当は、そのことが言いたかった。
卒業して30年近く経過して、その間、一度も会ったこともないヤツでも
同窓会に参加することで、なにか「縁」を感じてくれたのなら
寂しい知らせを聞くことも少しは減るのではないのか?
だから、卒業30周年には、ひとりでも多くの参加者を募って
盛大に同窓会をしたいと思っているのである。

昨年の日本では、3.3万人以上が自殺で亡くなっている。
桑田のメッセージは、あたたかい。
今や「交通安全!」よりも「死ぬなよーっ!」の方が有効である。

蛇足だが、ロス疑惑のお方は、狂言自殺のつもりが
ほんとに死んじゃった、のではないのかとにらんでいる。
マスコミの扱いが思いのほか小さかったのが原因。

われわれも、我も、キミたちもパープー!なのであり
所詮パープーなのだから、自分だけが特別なのではないのだ。
「死ぬまで生きよう!」
というメッセージを伝えようではないか。



Warera Paa-Puu Nakama 我らパープー仲間 - Southern All Stars サザンオールスターズ


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Dakko   2008年10月13日 02:53
自然界は昆虫も、ふえすぎれば食物連鎖のバランスを失って、大量にごそっと死んでしまう
仕組まれた大いなるシステム。
人もそのシステムの中に組み込まれていて
エイズや戦争や自殺も淘汰の一つの種類だと思える
現代自殺が多いのはその淘汰のシステムに入っちゃった人が飲み込まれるようになくなっちゃった結果だと思う
自殺なんていう一見個人的と思える事象も
実は大きな潮流だ
だから死なないようにそほど注意しないと
死はすぐ後ろで自分の肩をたたくかもしれない
毎日気分が暗い人は気をつけたほうがいい
早く手を打たないと間に合わない
隣人に暗い人がいたら
気を配ってあげたい
出来たら抱きしめてあげたい


ロス疑惑の人は
スゴイオーラを発していたらしい
だけど万引きで見つかったり、
お茶目な一面もあった
狂言だったとしたら、なんと哀れな
間抜けぐあい

しかしドラマティックな人生だった
ほとんど安らぎなどない人生だったんだろう
今はやっと安らぎを得ているだろうか
2. Posted by はま   2008年10月13日 03:37
「死ぬなよ」は、超深い言葉でしたよね。
3. Posted by ワインセラピスト   2008年10月13日 19:04
■Dakko ちゃん、食物連鎖とは関係ないね。
 ついでにエイズも100年後には過去の出来事です。
 いつの時代にも、人間が進化するための障壁が
 ちゃんと準備してあるんです。

 気を配るのも、実は、とても難しい。
 人は単純ではないからね。
 だから、桑田のようなキャラクターが
 ああいうメッセージを発してくれるってのは
 とってもありがたい事なんですね。
 桑田は、私たちの代わりに
 多くの人を抱きしめたんだ、と思うんだ。

 ロス疑惑のお方は、渦中にあることが自分の
 存在を確認できる事象であって、その時が
 彼にとっての安らぎなんだな。
 認知願望ですね。
 「生きてる!」って実感。
 それが、犯罪だから問題なんですよね。
 せっかく頭いいのにもったいない。
 世のため人の為に使えたら良かったんだけどね。

 せっかくコメントくれたのに、なんか
 否定ばかりでかたじけない。
 でもさ、肯定できないんだな。御免。(笑)

4. Posted by ワインセラピスト   2008年10月13日 19:05
■濱ちゃん、深いと思う人が深いんです。

5. Posted by マリア   2008年10月14日 00:36
私の友人(女性)に自殺願望者がいます。
「死にたい死にたい」考えている事はそればかりです。

そんな自分をマヒさせるかのようなお酒の飲み方をします。

私には、そんな彼女を救ってあげれるだけのキャパはありません。
どういう言葉をかけたら、救われるのかもわかりません。

ワインさんの日記でストレートにそう伝えればいいのだと思い、

「頑張らなくていいから死ぬなよーっ!」とそれだけメールしました。

「ありがとう」と返事が返ってきました。

涙がでました。

でも、それで彼女が完全に救われたわけではないという事もわかっています。

ただ、今日のお酒が嬉しいお酒になってくれればとそう願うだけです。
(本当は、お酒も控えて欲しいのですが・・・)


6. Posted by ワインセラピスト   2008年10月14日 00:57
■マリアさんの必死の願いを想像しただけで
 じわっと涙目になってしまいました。
 
 でも、悲しんでくれる人がいるから思いとどまってくれるのか
 悲しんでくれるから死んじゃいたいと言うのか
 見極めが難しいですよね。
 きっと現状の彼女のお酒は、緩慢な自殺なのですね。
 マリアさんを含めて、そんな悩める人たちに向けて
 桑田はメッセージをくれたんだよ。
 ハートで抱きしめてくれたんだよね。

 近い人がいうのと、そうでない人が言うのでは
 感じ方も違うし対応も変わるから。

 人は、人を救おうと思っても、救えないから歯がゆい。
 でも、救われた人は誰かに救われるんだよね。

 ただ単純に「好き」だから、死ぬまで生きてて欲しい。

 私がマリアさんだったら、直接的に「死ぬなよ」って言えるかな。
 そう思うと、あなたの偉大な勇気に感嘆するとともに
 マリアさんの愛がつうじる事をお祈りしております。
 
7. Posted by あおい   2008年10月14日 16:37
三浦社長の自殺の号外を見た時は何故か泣きそうになりました。
ちょうど友人の結婚式の帰り道。
幸せ絶頂の友人とそれを祝う幸せそうな人たちに取り囲まれて過ごしていた夜の出来事でした。

私が過ごした幸せいっぱいの場面の裏側で、自分の命を絶ってしまう現実が同じ時間に流れていたという事実。
人の人生は、自分が主役の舞台を各々が淡々と演じているのだという現実を見せつけられたようで、孤独な切なさが湧き上がってきました。
全く面識のない人ですが、どんな状況でも、生き抜いて欲しかった。心から思います。
8. Posted by ワインセラピスト   2008年10月14日 18:45
■あおいちゃん、やさしいのね。
 他人の事を自分の事のように考えられるのは
 ある種、才能だと思います。
 私にもやさしくして下さい。

 さて、この事件には、大きな問題があります。
 1、国際司法の問題。
 2、被害者側への配慮。
 日本政府は、断固たる異議申し立てを怠ってはならないと思う。
 
9. Posted by Akko   2008年10月14日 20:20
数年前、とても身近な人が自殺未遂を図りました。図った直後、私に電話をしてきました。
彼は本当は死にたくなかったんです。
すぐに駆けつけてやることのできないやるせなさ(日本とイギリスだったので)、
その人を失うかもしれないという恐怖、一生忘れません。−その人は今、幸せに暮らしています。それが私の幸せの一つです。

「My Life は、Your Life なのであり
 Your Life は、My Life なのである。」

この身体で感じました。



10. Posted by ワインセラピスト   2008年10月14日 21:26
■まったく、想像しただけで
 やりきれない事件ですね。
 駆けつけられない状況において
 そんな知らせがあったら、一分一秒が
 とても長く感じるでしょうね。
 まさしく恐怖という言葉がぴったりです。

「My Life は、Your Life なのであり
 Your Life は、My Life なのである。
 私にとって、Your Life は My Life と同等の価値なのだ」
 みんながみんな、きっとそうなんだよね。
 でも、それを見失っちゃう時もある。

 友達のハッピーは、自分のハッピーだもんね。
 いま、幸せで何よりです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ