2008年11月03日

飼い主に似るということなのか?

3264af9c.jpgクライン・ジンファンデル'06
アルコール度14.5%!
カリフォルニアワインは総じて
ボディがあり、ふくよかである。
このワインは、果実味ゆたかでありながら
とてもシャープな切れ味があり
さらに、飲み終えた後には、とても
ファットな飲みごたえがある。
樽の香りもしつこくなくバランス絶妙。

キャメロン・ディアスと飲みたいワインである。
田園風景を見渡しながら、あーでもにゃぁ、こーでもにゃぁ、と
語り合いながら飲むのにふさわしいワインである。
彼女の笑顔が、最高の肴(あて)であり
あたたかい日に、屋外でたのしみたい。

さて、ワインとその生産者の国民性に注目してみると
なにか、共通点があるような気がするのである。

繊細で美食家で、一見、博愛ということばに騙されるが
偏屈で個人主義、恋愛することの大好きなフランスワイン。

表面上、とても愛想がよく、どんな食事にもマッチしてしまう
近藤真彦、いや、イタリアワイン。

緻密で、手が込んでて、家内製手工業のようなドイツワイン。
おおらかに見せかけて、実は奥の深いスペインワイン。

そして、でぶっちょのカリフォルニアワイン。だ。
TPO において、それぞれに大好きである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ひみつのAkko♪   2008年11月03日 07:23
カリフォルニアワイン好きです
ジンファンデルも大好き
ワインセラピストさんも・・・・
うふ
2. Posted by ワインセラピスト   2008年11月03日 14:30
■きりんさんも好きだけど
 ぞうさんのほうがもっと好きです。
 つまり、引越しが近いということでしょうか?
 
3. Posted by ひみつのAkko♪   2008年11月03日 14:43
あはは
そう来ましたか 残念ながら引越しはもう少し先です
先ほど八千代に行って来ました
ゆず蕎麦きり 美味しかったです♪
天ぷらはもう少しと言うところでした(世帯主さん)
田舎そばより普通のお蕎麦が好きです
また行ってみたいと思います
4. Posted by ワインセラピスト   2008年11月03日 14:51
■おおっ!行動早いね。
 ひみつのAkko♪たんの近所のお蕎麦屋さん
 サークルKのお隣ね。
 あそこもおいしいですよね。
 来てる人も、ハイソなお方が多いし
 気分が良いです。
 八千代は、庶民の味方です。(笑)

5. Posted by ひみつのAkko♪   2008年11月03日 15:07
うんうん サークルKのお隣の蕎麦屋さんも好きです
確かに...どこのお方かしら...という方も時々お見えですね
いつかはセンチュリーが外で待っていました
でもねもっと好きなのは刈谷の蕎麦屋さんです
『天手古舞』 機会があったら是非一度お試しを!
6. Posted by ワインセラピスト   2008年11月03日 15:15
■そういえば、かつて欧陽菲菲の大ヒット曲がありましたね。
 「ラブ・イズ、蕎麦」
 こんな映画もありました。
 「わたしを蕎麦屋につれてって」
 角川映画の代表作ですね。
 刈谷には、なかなかご縁がないけど、さんきゅ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ