2008年11月17日

You still Touch me

88d1804d.jpgビーニャ・ファレルニア
 カルムネール・レセルヴァ'05
チリの最北部の葡萄畑なのだそうだ。
標高2000mのエルキ・バレーで
造られる濃厚ワイン。
カルムネールとは、チリ特産の
葡萄品種であり、スパイシーで
スムーズでファットなワインを
造りだすのであり要チェックだ。
昨夜、こいつを飲んでくれた
横浜のたそがれブルーライト美女は
女性の好きなワインなのだ、と言っていたぞ。

そん時にかかっていたのは
この季節にピッタリのスティング。

Mercury Falling
Mercury Falling

シャンパンゴールドのCD が趣深く
変拍子の曲は、やたら心地良く響き
カントリー風からモータウンスタイル、などなど
各種カテゴリーを軽く「いなした」スティングのスタイルを
満喫できる大好きなアルバムなのである。

イギリスの秋の田園風景を彷彿させる音の構成だと思うのは
私の勝手な思い込みなのかも知れない。
ちなみに、歌詞カードを見たことは、いちどもないのだ。
しかし、コートが要るか要らないかの微妙なこんな季節には
スティングのインテリジェンス溢れる歌声は、まことに心地良い。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by まして   2008年11月18日 02:28
スティングはこのシーズンなんだ?
私はオールシーズンなんで。
シーズンどころか毎日、何時もくらいです。
声にやられるんです。
トリップできるんです。
毎日、何時でもトリップです
2. Posted by ワインセラピスト   2008年11月18日 17:16
■このシャンパンゴールドのCD を見ると
 秋って雰囲気なんだよね。
 しかも、少し寒い頃。

 「You still Touch me」は、鼓動にタイムリーだったかな?(笑)

3. Posted by nandscomjp   2008年11月19日 03:41
ポールがメインで歌って、クラプトン、フィルコリンズ、エルトンジョン、そして、スティングがコーラスっていう、超豪華メンバーでのライヴDVDを一緒に見たの憶えてる?
モントセラト島救済コンサート!
4. Posted by Dakko   2008年11月19日 12:57
>この季節にピッタリのスティング

このアルバムもっています
いろんなスタイルのサウンドが入ってるんですよね
歌詞カードに雑木林のある小道を犬を連れて散歩しているナチュラルな普段着のスティングがいるのじゃなかったっけ・・・
ジャケットイメージで私なんか晩秋を感じちゃうんですが→歌詞からじゃなわかんないからwww


5. Posted by ワインセラピスト   2008年11月19日 16:45
■nandscomjp さま、覚えてますとも。
 いきなりサーファーになった原因は
 そこなのでしょうか?

6. Posted by ワインセラピスト   2008年11月19日 16:50
■ああ、ほんとだ。
 Dakko ちゃん、鋭い!
 シャンパンゴールドの盤を取り出すと
 葉のない巨木が映ってて、その反対側に
 ちょっと寒そうに肩をすくめたスティングが居る。

 いつもは何も考えずに取り出していたんだけど
 きっと、サブリミナル効果だね。
 刷り込まれていたんだ。なっとく。
 ま、この季節、寒リミナル効果とも言いますね。

 犬の顔よりも、スティングの顔の方が
 はるかに小さいのも、驚きです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ