2008年11月21日

カタール戦をかたーる、としようか

ef9b9f5e.jpgW杯アジア最終予選第4節
 カタール0−3日本
日本代表の試合運びは
ほぼ完璧であり、危なげなく
勝利へと導かれた。
やはり、世界と闘うには
田中達也や玉田のような
俊足であり、技術もあり
ドリブルができる選手が
必要だという事なのである。

今回のカタールは、キープから攻撃、というスタイルだったので
日本にとっては、やりやすかったのではないのか。
カタールが、しゃにむに前がかりになった時には
やはり、怖いものがあった。
身体能力で勝るからだ。

キープから攻撃というスタイルは、今までの日本代表の試合運びであり
前へ前へと繋がらなければ、なんら脅威ではないのである。

今回、前出の二人以外にも、内田や長友もよく走ったし
長谷部が効いていたし、特筆すべきは大久保の成長だ。
わがままなイメージの彼だが、チームとして
とても良く調和していたところは、彼の内面の成長だと思う。

さて、再三言っているのだが、岡田監督ではここまでが
精一杯であり、W杯を勝ち抜くチームにするには
ベンゲル、ピクシーあたりを監督に据えたい。
ライセンスや契約の面もあるだろうが
それクラスでないと、足元すくわれる。
日の丸背負った選手が、輝く姿を観るのが好きなのだ。

          文責:安木松太郎

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yuji   2008年11月21日 05:48
◆今夜またひとつ夢がかないそうです
2. Posted by ワインセラピスト   2008年11月21日 16:46
■ああ、いいね。
 キャロル・キングのリビングで
 大きな愛に包まれてきてください!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ