2008年12月04日

As years go by

4f72b9b9.jpg自宅の駐車場の隣に神社がある。
地図にも載っていないような
ちいさな神社で、参拝している人を
見ることはまれであり
私も参拝したことがない。
今日は、小学4年生くらいの
男の子たち4人が、自転車で
神社の前に居たので
いたずらか?と思ったのだが
きちんと参拝していて驚いた。
鳥居にもちゃんと一礼しているのだ。

自転車にも慣れ、すこし遠いところまで徒党を組んで
小さな冒険に出かけるのであり、そこで世界が広がり友情が深まる。
私にもそんな頃があったのだ、と微笑ましく見ていた。
映画でいえば「スタンド・バイ・ミー」である。

今日の子供たちでいえば、信心深い親の元に育ったリーダーが
鳥居を見つけた瞬間、素通りできなかったのであろう。
で、手を合わせた。
残りの3人は、彼の礼儀作法に従って、マネをした。

しかしながら、これこそが、教育のかたちであり文化の継承である。
あの少年たちから学ぶものは大きい。

この曲が、あたまをよぎった。

Rolling Stones - As tears go by



まさに、こどもは天使であり、そこに思いを馳せながら
エンゼルフレンチをいただきまーす。である。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ