2009年03月29日

アルザスワインと天婦羅のマリアージュ

335e62e4.JPG春のワイン会が開催された。
今回は、これから初夏にかけて
日本の普通の食卓にワインを、と
アルザスのワインをチョイス。
通常は、ソーセージとシュークルートを
あわせるのが定番なのだが、そいつも
ちゃんと踏まえつつ、お客様を
驚かせてやろう、と天婦羅、である。
こうしたフェイントが好きなのだ。
まさか葡萄畑に来て天婦羅出されるとは
誰も想像していないであろう。
しかも、塩で頂くのではなく、天つゆ。
ポイントは、檸檬。
天つゆに檸檬のピールを浮かべるだけで
あら不思議。
ワインも天婦羅も美味しくなるじゃん。
ま、時には、そういう実験教室みたいな
ワイン講座もあり、なのである。
しかも、本日の講師は、私ではなくアルバイトさんだ。
おおいなるフェイントであり、逆に次回の集客は大丈夫なのか。(笑)

0921d1f1.JPG





ピノグリは、あえて避け、リースリング、ミュスカ
ゲヴェルツトラミネール、ピノ・ノワールの4種を楽しんでもらった。
BGMは、もちろん、昨夜ご紹介したジャメイカンジャズ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mokumoku   2009年03月29日 10:44
いや〜ほんとにかなり驚きました♪

二日連続でお邪魔いたしましたが…こういうメニューには大感謝です♪♪♪

 ありがとう存じました〜♪
2. Posted by ワインセラピスト   2009年03月29日 17:16
■mokumoku さま、ありがとうございます。
 今回皆さまから、とてもいいレスポンスをいただき
 講師は、私じゃないほうがいいのではないのか、と
 思っていません。

 いつもワイン会は笑顔が溢れてて
 こちらもハッピーになります。
 ほんとうにいつも、盛り上げてくれて
 ありがとう、感謝。

3. Posted by OH   2009年03月30日 00:38
へ〜。天つゆにレモンピールですか。でも、それって確かにアルザス系のワインには合うような気がします。塩じゃなく、敢えて天つゆで勝負するところがニクイですね!!是非トライしてみたいと思います。

ただ、ピノブランを出さなかったと言うことは・・・ピノブランの場合、天ぷらは塩という事でしょうか??
4. Posted by ワインセラピスト   2009年03月30日 00:51
■OHさま、わかっていただけて嬉しいです。
 アルザスといえば、生産量からすれば
 ピノグリを出すべきなのでしょうが
 葡萄品種の特性、異差を感じてもらうため、そして
 じゃ、酒屋さんでピノグリ(ピノブラン)やシルヴァーナを
 購入してお家で天婦羅パーティでもしようかな、なんて
 きっかけになったらいいな、と
 そんな意図でした。
 ほんとは、そこもちゃんと書かないとね。
 ありがとうございます!

5. Posted by OH   2009年03月30日 01:52
ああ、シルヴァーナもありましたね、アルザスには(笑)。アルザスのピノブランは、以前に飲んだものの(たしかトリンバック。ウロ覚えですが・・・)、あまり印象には残らなかったのですが、つい先週イタリアのピノビアンコ(テルランです)を飲んで、ピノブラン系の美味しさを再認識した次第です、はい。

ところで、ワイン会は定期的に催されているのですか?チャンスがあれば是非参加してみたいですが・・・う〜ん、距離的にムリでしょうね〜。はは〜。
6. Posted by madame-f   2009年03月30日 06:56
残念でした〜

ちょうど作品展開催中で行けませんでした
こういう企画ありましたらお知らせ下さい
最近 美味しいワインに出会えないので・・
大島さんのところへ行かないとムリなのかな
よろしくお願いします
7. Posted by ワインセラピスト   2009年03月30日 17:19
■OHさま、トリンバックいいワインです。
 見た目のインパクトもばっちり。
 ゲヴェルツは、特にいいですね。
 じゃ、そのうち、バンコクにてワイン講習しましょう。
 いつのはなしだか・・・・ (笑)

8. Posted by ワインセラピスト   2009年03月30日 17:21
■madame-f さま、ご要望で執り行っております。
 お友達数人で、ご予算、ご要望さえあれば
 いつでもどこでもやりますよ。
 お声掛けください。
 ありがとうございます!

9. Posted by ちーどるん   2009年04月01日 01:08
ありがとうございました。
参加してくださった皆様の日記拝見するのもまた楽しみ。

世の中、ワインでこんなに楽しくなる。
まさに、ワインセラピーです。ね。
10. Posted by Dakko   2009年04月01日 06:17
とっても楽しかったわ

とくにここで書かれた事柄を実際飲んで経験するって面白い。ミュスカのこと

それからピノ・ノワールは新しい木だとおっしゃっていましたが、古いものは獣のようなきのこのような香りだと・・・
それはアルザスワインにおいてだけですか?
ワインさんはそれをいかように思われました?
おいしい?

11. Posted by ワインセラピスト   2009年04月01日 17:35
■ちーどるんさま、よろこんでいただけてなによりです。
 打ち上げで深酒していまいましたね。

 えっ?!
 
 ワインセラピーって、その時のこと?(笑)
 そうですか、質より量でしたか。

 おつかれさま、ありがとうございました。

12. Posted by ワインセラピスト   2009年04月01日 17:44
■Dakko ちゃん、いつもありがとう。
 
 複雑な香りに関してですが、獣っぽい匂いや
 木の子のような香りは、ある程度
 できのいいワインでないと感じられないですね。
 紹介文に、そう書いてある場合もありますが
 私の経験からすると、上代価格1万円以下のワインで
 そういう経験は少ないです。
 これに関しては、次回お会いしたときにでも
 たっぷりとお話させていただきますね。

13. Posted by Dakko   2009年04月02日 11:16
>これに関しては、次回お会いしたときにでも
 たっぷりとお話させていただきますね。

とってもたのしみにしています
高いワインはあんまりいただいてきておりませんので、何にも知りません
でもこれからは大人のたしなみとして
そういう機会も持ちたいなと思います

14. Posted by ワインセラピスト   2009年04月02日 18:14
■ご期待にそえるように
 勉強しますね。
 ありがとう!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ