2009年05月04日

涙を流すとき、脳では何が起こっているんだろう

fe685ec6.jpgタイトルは「涙の理由」という本の
キャッチコピーであり、ソソられた。
めちゃ面白そうである。
挑戦したのだが肌に合わなくて
やむなく退散した。

まず、母国語で表現できない人を
私は信用できない。
片仮名が多過ぎて気持ちが乗らないのだ。
マスコミもそうである。
「パンデミック」って何なのさ?
世界的流行でいいんじゃないの?
その点では、中国や韓国は
何でもかんでも母国語に変換していて
すごいなぁ、と思うのである。

昨夜、閉店後のカウンターで
脳では何が起こっているんだろう?と考えたのだが
やっぱり、それは、悲しいから泣いていたのであり
本を読むまでもなかったのだ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by もみじ   2009年05月04日 01:32
昔、クリスマスの夜、本来のクリスマスを体験しようと、教会のミサに参加しました。
牧師さんの話を聴いてたら、今まで経験した事のない大量の涙が溢れてきました。
キリスト教徒でもないのに・・・。理由は今でも分かりません。
2. Posted by ぶぁね   2009年05月04日 11:11
「日本語を可愛がろう♪」
母国語だもの、愛さなくちゃ。

カウンター好きです。
どのお店でも空いていたら必ずカウンターに座ります。

閉店後のカウンターってなんかいいですね。
3. Posted by yuji   2009年05月04日 20:01
◆引き続きおじゃま。
 本文および↑2コメントに激しく同意。

 泣けちゃう時って、悲しいのと同時に
 ちょっと懐かしいような、
 あったかいモンがこみ上げてくる気がする。

 しかしなんでああもカタカナが多いのだ?
 ちょっとぁチンプンカンプンになっちゃう世代の
 人生の諸先輩方の事も考えたらどうですかね。
 今日も新聞やネットの記事みてて
 パンデミック?プレパンデミック?
 マイルドパンデミック?な〜んじゃそりゃ。
 フェーズ5、とか6とかだって
 うちの母なんて「ふえ〜ず、ってなんだろね?」 と首をかしげていたぞ。
 国際的な感じがしてカッコいいとでも?
 だめだこりゃ自分とこにあらためて書きますわ
 すんません(笑)

 教会で泣き崩れたこと僕もあります。
 不思議でした。
 たぶん神聖なものとかって、感じる波長の時は
 感じちゃうんだろね〜。

 閉店間際とか閉店後のカウンター大好きです。
 トム・ウェイツのファースト"Closing Time"を
 おすすめします(笑)

 失礼しました〜
4. Posted by ワインセラピスト   2009年05月04日 20:31
■もみじさま、教会も間違いなく「いやしろち」です。
 結界になっているので、魂とこころが
 かんたんにひとつになったりします。
 
 日常の生活をしてると、知らず知らずに
 魂の喜ばないことを、一所懸命に
 してたりします。無意識にね。

 だから、そういう場所にあえて足を運ぶ事は
 とてもたいせつであり、けがれをはらうのです。
 「穢れを祓う」のではなく
 「気枯れを葉らう」のです。
 詳細は、葉室さんの本で、どうぞ。
5. Posted by ワインセラピスト   2009年05月04日 22:42
■ぶぁね姫、最近富みにこっち寄りだね。(笑)
 閉店後のカウンター、このあいだは
 お断りしちゃったもんね。
 また、こんどね。

6. Posted by ワインセラピスト   2009年05月04日 22:45
■Yuji ありがと。
 もみじさんもぶぁね姫もだいじな友達なんだ。
 共感してくれると、とても嬉しい。

 櫻井よしこさんがね、カタカナが多い
 通称知識人と話してて、イラっときて
 「じゃ、いっそ英語で会話しましょうか」と
 提案した話に、激しく共感!
 でも、おいらは無理なんだけどね。(笑)

7. Posted by Akko   2009年05月09日 03:21
高い教養があるわけでも、知識人でもない私ですが、どうしても日本語を忘れがちになり、しかもカタカナが異常に増えている事実もあるので、日本の友達や家族と話す時に区別をつけ難くなっています。

電話で日本の両親と話す時、英単語を日本語なまりで使うことが10年前よりずいぶん多くなったと旦那に指摘されます。自分で気がつかないままに発している言葉も多々。逆にこれは解らないだろう(特に両親の年代には...)と思って一生懸命思い出して使った日本語がもう時代遅れだったり...
インターネットで日本の各種サイトをみると、本当にカタカナ(=英単語)が多くなったと痛感します。

反省してます。お許しを...
8. Posted by ワインセラピスト   2009年05月09日 14:03
■AKKOさま、電話でナウなヤングは飛んでるよね!
 とか言ってるのでしょうか?(冗談)
 
 日本語圏で生活していないバイリンガルな方においては
 また、違う事が言えるとは思いますが
 折りしも昨夜、友人のLINDA が外来語と日本語の
 違いを書いていたので、見てみて下さい。
 http://swinglinda.at.webry.info/200905/article_9.html
 和製英語のようなものや、意味をやわらかく
 感じさせるためのカタカナや、今回のインフルエンザのように
 恐怖を与えるためのカタカナはいかがなものか、と
 思うわけです。ま、いちばん厭なのは
 インテリぶったカタカナなんですけどね。(笑)

 AKKO さんの場合、脳がいちどにふたつの解釈を
 しているのだから、日本的な価値観と英国の文化が
 同時進行しているのだから、ものごとの解釈は
 2倍になっていると思うんですよ。
 それって、おおきな財産であり、うらやましいです。
 物事を深く捉えるトレーニングをいつもしてるって事だから。

 よって、Akko さんのくれる英語コメントには
 いつも愛を感じてますよ、ありがとう。
9. Posted by Akko   2009年05月10日 17:36
LINDAさんの外来語&日本語の違いについて...全くその通りです!うんうん、とうなずきっ放しで読みました!!
こっちに来てから「あ〜これは英語のこれから来てたんだ〜」って初めて知ったのも多々。

Don't thank me. Thank you for making me feel
better!

10. Posted by ワインセラピスト   2009年05月10日 17:44
■LINDA の本日のエントリーは
 更にいいから、ぜひ読んで欲しい。
 日本人である事、日本人の祖先に
 感謝できる日本人が国内にもっと
 増える事を祈念します。
 海外に居る日本人には当たり前のことなのかもね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ