2009年05月07日

ピクシーが教えてくれる

ab4ebfc1.jpg名古屋が熱い!
グランパスの話だ。
アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を
一位通過であり、なぜか毎シーズン
タイトルを取れないチームに
ようやく光が射しこんでいる。
やはり大きな存在はストイコビッチだ。
彼の存在なしに、今のチームは
語れないのであり、サッカー日本代表の
次期監督候補に深慮して頂きたいものである。

彼の目指す、うつくしいサッカー、モダンなサッカーってのは
後世に残る劇的で革命的なサッカーの戦術では、たぶん、ないのだ。

いつかも書いたのだが、いちばん大事なのは選手の気持ちなのである。

GWだったし、ACLもあったのでグランパスは
日程的に、かなりタイトであり、選手の実感としては
1週間に2度フルマラソンを走る、しかも3週連続だ。

それくらいの負荷がありながらも、ここ5試合、負けなしである。

チームには、疲労に負けないだけの脳内分泌物が出ていて
それを出させているのが、ストイコビッチ、その人なのである。
どんな魔法を使っているのか、それが気になるところであるが
玉田の例を取れば、一目瞭然である。

玉田は、柏レイソルから移籍してきたが、怪我もあり
成績が残せないどころか、名古屋でのレギュラーさえも
危うくなった時に、ストイコビッチに短い言葉をかけられる。

「良かったよ、チームのために凄く貢献してくれていた。
俺はお前をベストの選手だと思っている。
日本代表に入れ、そして日本のベストの選手になれ。
ベストだ、日本のベストプレーヤーになれ。
お前にはそれができると思っている」

たったそれだけで、今の彼があるのだ。
「認める」という言動がいかに重要か、である。
今や、玉田は日本代表にも欠かせない存在であり、チームでも結果を出してる。
つまり、リーダーはスーパースターでなければならない。
スーパースターに認められる事こそが、モチベーションとなるのだ。

海外からの高額のオファーが来る前に、日本代表の監督への
オファーを、日本サッカー協会はするべきである。
一日も速く、である。
岡田監督で予選を通過したとしても
このままじゃ、W杯では勝てない。

さて翻って、そこでわれわれに何ができるのか、だ。

GWが終わる。
さぁ、リーダーよ、自分をさらに磨き
部下を認める行動と発言を、惜しまず仕事に臨もう。
家族サービスに疲弊した輩を動機付けるのは
まずは、己がスーパースターで居続けなくてはならないのだ。
ストイコビッチになり切れなくてもいいじゃないか

Each one Teach one. 誰もが人に教えられるものを持っている。

想いさえあれば、スットコビッチくらいには成れそうである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by otobokebochan   2009年05月07日 08:45
今年こそは、優勝して欲しいですね。
ドラゴンズは、早々と戦線離脱…
2. Posted by ワインセラピスト   2009年05月07日 17:37
■TVで観てても、ピクシーが喜んでる姿を見ると
 こっちも幸せな気分になっちゃうんだよね。
 選手からしたら、それ以上だと思うから
 頑張れるんだよね、きっと。
 昨日のゲームは、ビューティフルだったよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ