2009年05月23日

M Ask Me No Questions

f9baaa92.jpg早朝にセントレアに行ってきた。
お見送りなのだが、到着寸前に
「あ!マスクないや」と慌てた。
TVなどを見ていると、9割以上の
人々はマスクをしていたのを
突如思い出したのであるが
町場で売り切れなのに
空港で買えるはずもなく
2秒後にはあきらめていた。
ところが、である。
空港で私の目には、マスクの人は
多めに見ても3割程度であり
TVの報道は、たまたま9割以上の人たちが
マスクをしている状態の映像を流すという
情報操作なのではないのか、と疑うのだ。

マスコミの報道の仕方が悪いから
新型インフルの患者が、まるで中世の魔女狩りのような
様相を呈していて、とても厭な気分である。
もう、誰が発症してもおかしくない、そして
気付いてなくても感染してる人が居て
それは、なんら脅える必要のないものだ、と
しっかりアナウンスして欲しいものである。

本日のお客様、ヒデさんも言っていたのだが
民放テレビってのは、スポンサーあっての放送なのに
消費を冷やしてどうするんだ!って話であり
そんな時にこそ、葡萄畑にGo!である。
お待ちしております。

さて、マスクしてなくても、何も訊くな、という内容ではないが
こんな日には、ブルーズが心地良いのである。

Stevie Ray Vaughan & Albert King--Ask Me No Questions



ジャズやブルーズの醍醐味は、ジャムなのだ。
レイ・ヴォーンのライブを見ると、サウンドよりも
鼻の穴に気を取られてしまうのであり
テキサスハリケーンというよりはテキサス牛である。
幸か不幸か、このビデオでは鼻の穴は
あまりフィーチャーされていない。
冒頭の写真も無修正であり鼻の穴を
塗ったりはしていないので、悪しからず。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by OH   2009年05月22日 22:20
おお!!スティーヴィー・レイ・ヴォーン!!
僕の大、大、大好きなギタリストです!!

初めてレイ・ヴォーンを聞いたのは
ご多分に漏れずデヴィッド・ボウイーの
『レッツダンス』でした。
今聞くと、あのソロはモロにアルバート・
キングですよね(笑)。

その後発売されたスティーヴィーの
初ソロアルバムは、即効で入手。
高校の一時期、毎日のように聞いて
いました。

この映像、いいですね。
自分そっくりにソロを弾くレイを見て
大喜びするアルバート。素晴らしいです。

実際、途中のソロの掛け合いなんて、
音だけ聴いているとどっちがアルバート
なんだかよく分からなくなってきます・・・(笑)。
2. Posted by まして   2009年05月22日 23:15
音楽は人を良い意味で興奮させてくれますねこの映像もギター、ベース、ピアノ、ドラム、ボーカル、はたまたスタッフからも心のスイングが伝わってきましたたった今、私も見ていた映画の中のブルースで心を揺さぶられたところです。これを聞いてダブルパンチをくらった感じです。スイングしすぎでヨロヨロ
3. Posted by ワインセラピスト   2009年05月23日 02:04
■OHさま、私の最初のレイヴォンは
 「Couldn't Stand the Weather 」でした
 一曲目の「Scuttle Buttin'」にシビれ
 瀕死の状態でした。
 彼のアルバム、ほぼ網羅していますが
 はやりレイヴォンを聴きたい時には
 このアルバムに手が伸びてしまいます。
 ロックンロールに始まり、4ビートに終わる
 そのひとつとして無駄な音のない
 最高のブルーズアルバムとして扱っております。

 そもそも、ジミヘンのサウンドは古めかしくて
 高校生の頃には受け付けなかったのですが
 このアルバムを聴いて、ジミの凄さに気付いた、という
 変わった遍歴を持つ私です。

 ブルーズの世界の心地良さを教えてくれたのは
 クラプトンよりもレイヴォンでしたね。
 彼を知らなければ、BBキングや、ジョン・リー・フッカー
 ましてやロバート・ジョンソンなんて聴けなかったでしょう。
 それくらい影響を受けた最高に好きなギタリストです。
 彼のようなプレイヤーが居たのなら
 また、ベーシストに戻ってもいいです。

 すみません、興奮し過ぎました。(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2009年05月23日 02:17
■ましてさま、3フルスイングアウトですか。
 その潔さはステキです。
 大リーガーと呼ばせていただきます。
 ちなみに私は、夜の大リーガーです。
 よって好きな曲は「夜霧のブルース」なのです。
 あ、「伊勢崎町ブルース」も見逃せません。
5. Posted by OH   2009年05月23日 02:29
「ブルーズの世界の心地良さを教えてくれたのは
クラプトンよりもレイヴォン」というのは、スゴク
良くわかります。僕もレイのアルバムを聞いて、
ブルースにノメりこんだクチですので・・・。

僕も一時期、スティーヴィーのコレクターと化して
ました(笑)。アルバムはもちろんのこと、彼が
セッションで参加したアルバムなんかも一所懸命
探したり。Jennifer Warnes とか Marcia Ball
とか。Lonnie Mack のアルバムをプロデュース、
なんていうのもありましたね。

日本を離れる際にレコードは全部処分してしまい、今は手元にありませんが・・・は〜(ため息)。
6. Posted by ワインセラピスト   2009年05月23日 02:40
■OHさま、Chat かと思いました。(笑)
 そうなんですよ。
 たとえばビートルズの「ヤー・ブルース」とかでも
 そこからヤードバーズには行かなかったんです。
 レイヴォンを聴いて結局ロバート・ジョンソンまで
 遡って、そこからクラプトンやヤードバーズ
 そこらを理解して、ようやく過日のエントリー
 Zep の良さがわかった、てな具合でした。
 だから、レイヴォンと出会ってなかったなら
 Zep も「天国の階段なら知ってるよ」
 きっとそんな感じだったと思います。

 ひとりとの出会いから、人生の価値観ってのは
 大きな影響を受けますね。

 あ、ちなみに名古屋弁でChat (ちゃっと)は
 「すばやく、ただちに」という意味であり
 チャットと同義語です。(笑)

 レコード、タイにはハードオフないんですかね?(笑)
7. Posted by Akko   2009年05月23日 05:30
うちの姫が後ろで踊ってます

マスクは病気の人がするものだそうです。(イギリス人友達の談)
8. Posted by ワインセラピスト   2009年05月24日 02:20
■ああ、イイですね。
 心地良いリズムにはカラダが正直に
 反応できるってのはイイです。
 日本人って「恥」だと思っちゃうから
 しかるべきところじゃないと踊れないんだよね。
 それって国民性なのかと思ったけれど
 育った環境なんですね。

 そう、マスクは他人に伝染させないためのもの
 だから今回は「豚インフル」でも「メキシコインフル」でもなく
 「ジャパニーズインフル」だ、なんて
 アメリカンジョークまで飛び出しているようで
 日本国民として、恥ずかしいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ