2009年05月26日

もうろく

302ab92d.jpgオススメされたDVD。
奇蹟の輝き -What Dreams May Come('98)
彼女の生涯でいちばんの名作だそうだ。
ロビン・ウィリアムスは大好きなので
ほぼ網羅しているのだが、えっ?
この映画は観てないや、っつーか
その存在すら知らなかった。
極めてラッキーである。

見始めて約30分後のことだ。
次の展開が、いくども思ったとおりに
進展するのであり、こりゃ、やばい!
ついに予知能力が高まってしまったのか
と思いきや、ラストシーンに
差し掛かったところで、いちど
観た事のある映画なのだと、ようやく
気付いたのである。
情けない。
即座に分かれよ、自分、である。
もうろくしたものである。

この映画に関しては、コメント控えるが
キリスト教的な概念から派生したニューエイジ的な
発想の基に創られた、リインカネーション(輪廻転生)を
テーマとしたヒューマンドラマだ。

ロビン・ウィリアムスの私のベスト3は
『グッド・ウィル・ハンティング』 『フィッシャー・キング』
『グッドモーニング, ベトナム』 『ミセス・ダウト』
『パッチ・アダムス』 『A.I.』 『ナイト ミュージアム』
『奇跡のシンフォニー』なのであり
3つの指では、無理だった。
もうろくしたものである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by まして   2009年05月26日 00:42
最近、私も映画漬けです。
ロビンちゃんも好きで
一時まで制覇していたんですが、
ロビンちゃん似のおじ様にせまられてから
残念ながら見る気になりません
人生経験とは、時には幅を狭めたりするものですね
2. Posted by ワインセラピスト   2009年05月26日 00:53
■ああ、その気持ちわかります。
 私もジュリア・ロバーツ似の女性に
 言い寄られてからというもの
 彼女の映画を観ると、劣情に駆られます。(ウソ)
3. Posted by otobokebochan   2009年05月26日 08:12
ラストシーンまで気がつかないなんて…

アルツ大島誕生である…

4. Posted by ワインセラピスト   2009年05月26日 16:07
■おとぼけさま、業務連絡。
 Wアルツでごめんちゃい。
 お電話の件、完了です。
 
 いやいや、途中怪しいと思ったんだよね。
 なんかこの犬、見覚えあるな、とかね。
 でも、確定はラストシーンでした。
 
 TVなんかでも、チャンネルまわしてて
 観たことある映画なのに、結末がわかんなくて
 ずっと観てしまうこともあります。
 脳みそに料亭赤だしが混入しているものと思われます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ