2009年05月29日

小さな恋のメロディー

0f84007d.jpg今年、中学生になった息子が
学年でも指折りの美人である
女子から付き合って欲しい、と
愛の告白をされたそうだ。
爆笑した。
ついこの間まで抱っこしてたし
今も、週にいちどはいっしょに
お風呂に入るのがたのしみな
とても幼い12歳なのに
血は争えないものである。
思えば私も、入学したての頃に
女子から交換日記してください、と
ノートを渡されたのだが、当時は
意味が良くわからなかったので
丁重にお断りしたのだが
今となっては、いい思い出であり
その時の「女の子って積極的だな」と
思った時の、なんか少しシャクな感じ。
狼狽していた自分を恥ずかしく思ったものである。


Melody First of May (若葉のころ)

「小さな恋のメロディ」に共感し憧れたのは中学2年生の頃。
今は「60歳のラブレター」のほうが興味が湧く。
いつの間にか、クリスマスツリーよりも
大きくなってしまったのである。
かつてはこうして、ひとつの林檎を分けあったが
今では、林檎を齧ると歯茎から血が出ませんか?と
聞かれるお年頃であり、とてもシェアできないのである。



ポールの歌う「All You Need is Love」
愛こそはすべて、なのである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by まして   2009年05月28日 23:03
「小さな恋のメロディー」
私が初めて好きになった映画というものでした。
そう思ったとき、まだ小学校低学年。
おマセな女の子でした
2. Posted by ワインセラピスト   2009年05月28日 23:10
■この主人公は11歳の設定のようだから
 私は当時、年下のこどもの恋愛に
 憧れてたわけだよね。
 かっちょワル。(笑)

 私が最初に女子に好き、って言われたのは
 小学2年生の時で、チュッてされちゃったんだよ。
 だから、女の子ってマセてるんだよね。

 小学校低学年で覚えてる映画は
 「ゴジラ対ヘドラ」かな。
 当時はまだ、公害問題があって
 今思えば社会派怪獣映画でした。
3. Posted by Akko   2009年05月29日 00:26
可愛い

息子さん、この先ずっとデート探しには困りそうにありませんね
4. Posted by otobokebochan   2009年05月29日 09:16
交換日記というのが時代を感じさせますな〜

ねっ、おじさん!!
5. Posted by ワインセラピスト   2009年05月29日 15:27
■Akko さん、イギリスの小学生は
 今も、こんな制服なのでしょうか。
 当時憧れましたよ。
 我々世代のトラッドブームに
 少なからず、この映画は影響してると思います。
6. Posted by ワインセラピスト   2009年05月29日 15:30
■おとぼけさま、御意に。
7. Posted by Akko   2009年05月29日 18:26
映画の二人はパブリックスクール(=イギリスでは私立学校)に通っているので、ネクタイにジャケットの制服ですね。公立の小学校の制服はたいていグレーか黒のズボンにポロシャツ&学校のトレーナーです。パブリックスクールの制服は今でも同じですよ!
8. Posted by ワインセラピスト   2009年05月29日 19:19
■Akko さま、そうなのですね。
 やはり、制服ってのは
 気が引き締まるから、賛成です。
 
9. Posted by LINDA   2009年05月30日 00:19
ワインセラピストさまと
美しい奥様のDNAを持つ息子さんは
絶対モテルと思います。

DNAですねっ
10. Posted by ワインセラピスト   2009年05月30日 01:04
■はい。
 否定しません。(笑)
11. Posted by Yuji   2009年05月30日 10:23
■交換日記とか文通って言葉に
 ぐっとくる最近です。

 そのコが「学年でも指折りの美人」だと
 息子さんがそう話してるところを想像すると
 なんともうれしくなりますな。

 お父さんに「告白された」って
 話せる息子さんも
 息子さんがそれを話したいと思うお父さんも
 いーね!

 頭痛いやですね〜
 ご自愛ください。
12. Posted by ワインセラピスト   2009年05月30日 15:12
■Yuji さま、雑誌にペンフレンド募集を捜す
 今日この頃でございます。(うそ)
 
 指折りの美女とは、嫁の指摘で
 同級生の情報にやたらくわしいのです。
 
 偏頭痛は、月に三日くらいあるので
 生理痛だと認識しています。
 今日はほぼ完治。
 ボサノヴァ聴いています。
13. Posted by Dakk   2009年06月02日 22:06
>思った時の、なんか少しシャクな感じ。

少年の心理ってそうなんだ・・
意外な気がした
純粋なんだね

血は争えないわね、お父さんなんか今だってモテモテだよっていったんですか?

14. Posted by ワインセラピスト   2009年06月02日 23:00
■こどもの世界って、干渉したくないっつーか
 干渉されるのイヤだったでしょ。
 だからね、聞くだけ。
 傷つけたり、傷つけられたりしながら
 オトナになるわけだからさ
 唯一、相手の気持をよく想像して接しなよ、と
 言ったくらいかな。
 ま、それすら必要ないんだけどね。

 シャクだって思ったのはさ、相手が
 自分よりオトナに感じたからかな。
 たぶんそうだよ。
 もう少し時間が経過して高校生になると
 オトナの女に興味津々なんだけどね。(笑)

 そうそう、「誰かの願いが叶うころ」
 常在戦場なんだよね。
 みんなの願いは同時には叶わない。
 
15. Posted by Dakko   2009年06月03日 10:33
>傷つけたり、傷つけられたりしながら
 オトナになるわけだからさ
 唯一、相手の気持をよく想像して接しなよ、と
 言ったくらいかな。
 ま、それすら必要ないんだけどね。

そういう態度で接する大人は結構少ない
親はどうしても転ばぬ先の杖を出したくなるので
余計な助言をあれこれ言ってしまうもの
ワインさん、本当にいいお父さんだと思います☆
16. Posted by ワインセラピスト   2009年06月03日 16:21
■子育てで感じたのは、転ばぬ先の杖なんてない、ってコトだね。
 転ばないと起き上がれないし
 痛みを伴わないと学習にならない。
 それは、従業員も同じだし
 どんな人間関係でも同じだよね。

 いつも気にして大きな愛で見守る。
 それが教育なんじゃないのかな。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ