2009年09月21日

そういうことじゃないんだ

e5f81729.jpg「なつのひかり」 江國香織
読み終えて解説を読んだが
こんな解説でいいのか。
そういうことじゃないんだ。
サイケデリックな世界を
彼女の世界で表現したかったのであり
「時計じかけのオレンジ」とか
安部公房の作品群とかが好きで
彼女の持ち味を活かしつつその世界に
単に挑戦してみただけの話なのだ。
解説を読むまでは楽しめた小説であり
後半、どうしたらこのストーリーに
終止符を打てるのか、と
想像力を掻き立てられる作品なのだ。
私は、他の彼女の作品にない部分を評価したい。
タイトルが平仮名というのも、読み終えて
なるほどな、と思わせられる。

さて、連休の高速道路は乗るもんじゃない。

滋賀にお参りに行ったのだが、桑名目前ですでに渋滞。
なんともならないので、四日市東で降り
鈴鹿スカイラインで滋賀に抜けようと目論んだのだが
これが大間違い。
鈴鹿スカイラインは、なんと1年以上も崖崩れから
立ち直っておらず、全面通行止めだったのだ。
エエ加減にせいよ!である。

結局、湯の山から再び四日市まで戻り、また高速に乗ったのだ。
朝9時過ぎに出たのだが、現場に到着したのは
昼の1時半頃である。

通常1時間半のところが、4時間である。
もう、こりごりだ。
連休の高速道路は乗るもんじゃない。
笑い事であり、ほんとうは
「そういうことじゃないんだ!」と
意味もなく絶叫したかったのである。

滋賀の山の中では、まだ蝉が鳴いていたぞ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Akko   2009年09月21日 05:12
鈴鹿スカイライン。懐かしい思い出が蘇ってきました。
…昔デートに連れて行かれたのです…
それにしても通行止めが1年以上とはUnbelievableです。

滋賀にお参り…もまた懐かしい。小学生の時、多賀大社に行ったのをかすかに覚えてました。

Hope you had a good journey back home
2. Posted by nandscomjp   2009年09月21日 09:58
鈴鹿スカイライン、通行止めだったんだ。
知らなかった・・・。
若かりし頃、ほんとに、よく行きました
3. Posted by ワインセラピスト   2009年09月21日 11:13
■あはは、Akko さまには愛の峠だったのですね。
 桜の季節はとくに素敵です。
 通行止めのままにしているのが
 三重県なのか滋賀県なのかはわからないですが
 ガソリンの代金にはそのための税金も含まれているはずなのに
 解せないです。 

 「デートに連れて行かれた」は男としてショックですね。
 相手のために良かれと、あ〜でもにゃぁこうでもにゃぁ、と
 思い巡らしてデートコースとタイスケを考えるわけで
 「連れてってもらえた」と言ってもらえないのは
 まさに残念ですなぁ。
 私も「連れてかれた」と言われてるかも。(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2009年09月21日 11:16
■nandscomjp さま、バリバリ伝説ごっこですか?
 「カメっ!」

 
5. Posted by Akko   2009年09月21日 15:19
NO, あれは愛の峠なんかじゃありませんでした
まだ十代の私で、しかも私の心は離れかけ…の時でしたので。

If it was me, I'd be very happy to go on a date with you. Doesn't matter where
6. Posted by ワインセラピスト   2009年09月22日 12:07
■なるほど、じゃ、彼にとっては命懸けの峠だったわけだね。
 うつくしい景色の中、悪い事ばかりじゃないと
 思い出を掻き集めた結果は、勝手にしやがれ、と。
 
 え?ジュリー知らない世代? Oooops!
7. Posted by Akko   2009年09月22日 14:53
ジュリーの電球好きだった
8. Posted by ワインセラピスト   2009年09月22日 17:53
■なるほど。
 TOKIO の衣装の事ね。(笑)
 ザ・ベストテン世代ギリギリガールズなのね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ