2009年09月25日

砂の城

d3bd6658.jpgダムの問題はよくわからない。
きっと私の想像力が乏しいのだ。
半世紀も前の計画が、いまだもって
出来上がっていないこと自体
急務ではない事がわかる。
今までの土地は今までどおりだというのに
感情的に怒り出すのには、それ相当の
半世紀を過ごされたからなのだろうね。

孫子の代に、どうあって欲しいか
下流の人たちのために何ができるのか。

いままでの仕事は、徒労に終わるのか。
あらゆる角度から見ても、残酷な砂の城である。
前原君も心を鬼にして最善を尽くして欲しい。



Tuck & Patti - Castles Made of Sand / Little Wing

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by otobokebochan   2009年09月25日 09:06
短期的な国家計画と、超長期的な国家計画とあるからね〜。

今は水が足りているが、足りなくなる事もその内出てくるかもしれない…

某T先生も、これからは、「水」ですよ〜と常々言ってますしね。

ヒョッとすると、必要ないと言っている人の方が、想像力が足りないのかもしれない。

そればっかりは、分からんもんね〜。
2. Posted by ワインセラピスト   2009年09月25日 17:25
■ダムを造る技術はあっても、それ以前の
 自然の河川を創る能力は人間にはないからね。
 長い年月が必要となります。

 50年前と今とでは、状況も違うのに
 それを撤回、補償できなかった自民党。
 住民は、ほんとうにダムができたほうが
 幸せなのか?
 温泉街の過疎化は、湯の山温泉を見ても明らかで
 それは、ダムのせいじゃなく時の流れ。
 下呂温泉のように成功しているところは少ない。
 
 これからどれだけの税金が投入されるのかと
 住民、もっと言えば100年後の住民の幸せのために
 どう決断するのかが政治なのだと思うよ。
 無責任な報道が多いね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ