2009年10月10日

Don't Let me Down

0b21955c.jpgアメリカに住む友人が昨夜遊びに来てくれ
有意義な時間を過ごしたのだが、彼女の
このたびの日本の第一印象は
「日本人って意地悪!」
なのであり、驚いた。
不親切を通り越しての意地悪、なのだ。
今朝、目が覚めても脳みそに
そのひと言が貼り付いていて
独りで反省会をしていた。
つまり、その国民性の違いなのだが
彼女は4つのスーツケースを
たったひとりで抱えていたらしいのだが
日本の空港では誰一人として手を貸してくれる人は
居なかったそうである。(ま、そうだろう)
せめてドアの開け閉めくらい手伝ってくれても
よさそうなものではないのか、LAでは有り得ない、と
憤慨していたのだが、自分に置き換えたなら
空港でなんて、他人の事見てる余裕なんて
まずないのであり、私も同罪だ。

LAでは、誰かれなく話しかけて来て、しゃれたお世辞のひとつも
かならず言っていくのに、日本人は誰も話しかけてこない、と言う。
そりゃそうだろう、女性独りの旅行者に話しかけてナンパ扱いされ
いやぁ〜な顔をされる事を考えたら、どんないい女だろうが
見て見ぬ振りをするのであり、私も同罪である。

しかも、昨夜の私は病み上がりでテンション低く
「あーうれしい!やっと会えたね。台風来てたのに無事でよかった!」と
ハグするわけでもなく「おつかれ」のひと言だけであり
素敵なワンピース着てるな、と思ったがそれを口にするわけでもなく
武士道かよ、なのであり、かたじけなかったぞ。
たぶん、いちばん意地悪な日本人は私だったのだ。
おおいに反省している。

しかし「良かれと思ってした事が裏目に出る」事も
いろんな局面において、多々あるものだから
日本においての余計なお世話と親切は紙一重なのであり
昨日の「アルプスの少女ハイジ」では、列車に乗ったハイジが
寝てる子の落とした毛布を、良かれと思って掛けてあげた瞬間
赤ちゃんに大泣きされてお母さんに睨まれていた。

どうにかして「日本人意地悪説」を撤回させたいと考えていたがたいへんだ。
生きていく事は、命がけなのである。

budoubatake at 00:21コメント(14)トラックバック(0)元気  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ちーどるん   2009年10月10日 02:18
台風のため、教室が開店休業。
ハイジのそのシーン。ちょうど私も見ました。

デーテおばさんがロッテンマイヤーさんにハイジを紹介したときに言ってた言葉が印象的でした。
「この子は馬鹿でも生意気でもありません。ただ人前に出たことがないだけです」

正直はシーンによって、よかったり悪かったり、ってことなのね。

パッパー、パパパア、パーパパパパア、パパパパパア

ハイジのオープニングです。
2. Posted by Ako   2009年10月10日 02:21
とっても興味深いアーティクル。
彼女のように日本の長所&短所、そして現在生活している国のそれらも、年々それを感じる度合いが高くなるように思います。

そのほとんどが文化の違いなのかな…

でもどの国にいてもそれを言い訳に片付けてしまわないようにしたい。でもそれがまた難しいのです。
13年近くもかかってようやく言い訳せず、実行できるようになってきた私です。

この夏の帰国で驚いたことの一つに、デパートで買い物した際の過剰包装があります。

洋服を買いました。薄い紙に包まれます。透明の袋に入れられます。紙袋に入れられます。紙の手提げ袋に入れられます。雨降りだったので、その上に専用のビニールカバーが掛けられました…ビックリ仰天でした。

とは言うものの、日本のサービス業の客に対する決め細やかなおもてなし精神そのものはぴか一だと思います。

3. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 03:39
■ちーどるんさま、さすがソウルメイトですね。
 私はその部分しか見てなかったのですが
 「アルプスの少女ハイジ」で共有できる事に驚きます。

 今日ね、今の今まで信じられない事の連続で
 とても戸惑っているところです。
 ソウルメイトってやっぱあるんだ、って事と
 偶然なんてこの世になく、すべては必然なんだ、と
 実感した本日でした。
 すべての出会いに感謝しています。
 そして 「ハイジ事件」は、あなたをソウルメイトと認定するのに
 なんの迷いもない、そういう感じです。

 よくわからないけど引き合う存在ってのは
 絶対に意味があるんです。
 要注意。

 また後日、解説しますね。
4. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 03:47
■Ako さま、ありがとう。
 そのとおりなんだよ。

 今、彼女は日本に居るけれど
 LAに戻ったら、こんどは日本の良い部分と
 あちらの悪い部分を比較すると思うんだ。
 それは、彼女にとって良い悪いではなくて
 その情報を受け取った側が、その話を聞いて
 なにがどう変わったか、なんだと思うんだよね。

 誰もが長所と短所を持ち合わせているが如く
 国民性も同じことが言えると思うんだ。
 で、どうしたいか、なんだよ。

 私は、アメリカ人をもファンにしたい。
 お互いの良い部分をシェアしたい
 そう思ったんだ。
 そのためにどうするのか?
 それを考え続けてるんだよね。

 ナイーブなエントリーに反応してくれてありがとう。
5. Posted by Ako   2009年10月10日 03:59
I'm with you.
Sleep tight.
6. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 04:16
■Thank you babe.
 When I touch you,I think there is no distance for our soul.
 Also we are one.
 In other words I love you.
 In other words I love me.  (笑)
 
 Ultimately I thank you very much.
 Have a nice day!
 I hope you to creep in my dream. (笑)
7. Posted by Dakko   2009年10月10日 11:10
要注意な、よくわからないけど引き合う存在ってのは
どんなものなのかしら・・・わたしもしりたーいw
8. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 18:17
■Dakko さま、先程ちーどるんさんにお電話したら
 コールの音が違うので「どこにいるの?」ってきいたら
 韓国ソウルでした。
 そうか、そっちのソウルメイトだったんだ。
 
9. Posted by OH   2009年10月10日 23:43
写真を見て興味津々。白トリュフ入りのオリーヴオイル・・・そんなのあるんですか。是非、賞味してみたいですね・・・って、今回のブログの主題と関係なくて、スミマセン(笑)。

無関係ついでに質問を。右側の赤い箱に入っているのは、何ですか?
10. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 23:56
■ああトリュフオイル、これまだ試してないんですよ。
 赤い箱のはね、味付き岩塩ですね。
 BBQ の味や、木の子の味、タラコなど。
 アメリカ人ってクレージーソルトだとか
 おもしろい物をあみ出しますよね。

 ま、味覚が繊細ではないから
 別々にまぶすよりも合理的に、と
 つまりそういうことですよね。

 特に、Salish Smoked って塩は
 完璧にBBQの味がするから、チキンなんかに
 ふってソテーするだけできっと美味しいと思います。
11. Posted by ぶぁね   2009年10月11日 11:06
どんな人にあっても、まずその人のなかにある、
美しいものを見るようにしています。

この人のなかで、いちばん素晴らしいものはなんだろう?
そこから始めようとしております。

そうしますと、かならず美しいところが見つかって、
そうすると私はその人を愛することができるようになって、

それが愛のはじまりとなります。


マザー・テレサ



悪い面を冷静に受け止めることも大切
でもまず良い面を見ることのできる心は
もっと大切…だと思うのですが…

おかしなコメントでごめんあそばせ





12. Posted by ワインセラピスト   2009年10月12日 05:17
■ふむふむ、慈愛ですなぁ。
 ありがとう。
13. Posted by あき王子   2009年10月15日 23:02
今朝ラジオで、清志郎ともう一人誰かがカバーする
Don't Let me Down
を聴きました。
アコギの弾き語りで結構良かったですよ。
14. Posted by ワインセラピスト   2009年10月15日 23:07
■ああ、それね、チャボです。
 ビートルズのカバーで認めてる作品は少ないのですが
 そのなかのひとつです。
 あれは、アコギ2本だけなのに
 めっちゃスリリングですよね。
 清志郎、すごい歌い手です。

 沖縄、おつかれさまです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ