2009年10月11日

I am he as you are he as you are me and we are all together.

776ee367.jpg昨夜は、とても有意義な時間を持った。
ヒデさん、よしださん、Big Mahalo!
気付くと彼とも長い付き合いだ。
偶然に出会ったその日は2006年08月27日。
いつの間にか3年の付き合いだったのか
しかし、いつもはハワイミュージック
もしくはウクレレ関連の話を
尽きる事なくするのだが、違うジャンルで
昨夜ほど深い考察に満ちた会話は初めてで
興奮してたら、3時をまわっていて
楽しい時間は速い。

どうやら、人間の根っこの部分で考え方が
とても似ていて、周囲の出来事に対する深堀の仕方も
その洞察のしかたにも共通項が多いので
いろいろ勉強になったとともに、ああ、そうか
ここまでの話ができるまでに3年間かかったんだなと
感慨に浸ったわけである。

ひとは、引かれ合い惹かれ合うものだが
小学生なら出会った瞬間にすべてを共有できるが
おとなになると、互いに抽斗も多く、それぞれの抽斗の
深さも相まって語れば語るほどに興味深くエンドレスなのである。

このブログを始めた頃には、見知らぬ人と多くを共有でき
I am he as you are he as you are me and we are all together. という
ジョン・レノンのことばを深く体感したものだが
いつの間にか、人の感性は麻痺したりする。

昨夜、あらためて「I Am the Walrus」が聴きたくなったのだ。
「袖擦れ合うも他生の縁」とはきっと本当だ。



The Beatles - I Am the Walrus

昨夜の話の続きのようだが、私がオバマなら
ノーベル平和賞の賞金は、広島・長崎に寄付するぞ。
ま、それも複雑だけど。

budoubatake at 00:02コメント(8)トラックバック(0)元気  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Ako   2009年10月10日 22:07
「I am the walrus」勿論聴いたことはありましたが、ビデオを観たのは初めて!
不思議な世界。不思議の国のアリスみたい。
私の耳だけで歌詞が全部理解できず、リリックスみてみたら…あらまあ更に摩訶不思議?
「しっかり罠にはまった!」という感じです。
Johnが私の困った顔みてニッタリしてる気がしてなりません。

By the way, I loved your last reply to my comment last night. It was beautiful.

2. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 22:42
■不思議の国のアリスから、ジョンはとても影響を受けてましたね。
 この頃は、歌詞に対して複雑な思いがあったようで
 「ただの歌詞じゃねぇか、こんなもん」という
 意味のない捨て鉢な韻の踏み方で
 ことば遊びをしつつも、曲の中でキラっと光る
 意外性のある言葉のチョイスは
 やはり天才的な音の響きです。
 この曲と「Across the Universe」は特に美しいですね。

 昨夜は、そうとうに酔っていたようです。
 「うわぁ、みんながみんな繋がってる!」って
 みょうに興奮していました。
3. Posted by Ako   2009年10月10日 23:01
そうなんだぁ、不思議の国のアリスの影響を受けていたとは…なるほど〜っていうわけですね。

You are funny.



4. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 23:16
■最初のコメントなんだけど、とどのつまり
 耳で聴こえるジョンの発音と歌詞には
 ギャップがあるってことなのかな。
 
5. Posted by Ako   2009年10月10日 23:23
Oh, no no no.
ただ私の英語の歌の聞き取り力がまだまだなので
何って言った?って分からないことが多いんです。

Oh lord!が「おうどん」に聞こえるみたいな事が多々です。
6. Posted by ワインセラピスト   2009年10月10日 23:31
■You are so funny! 
7. Posted by Ako   2009年10月10日 23:32
Thanks. x
8. Posted by ワインセラピスト   2009年10月11日 00:06
■せいうちの 上に乗ったら ふいうちだ (575)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ