2009年10月14日

きんもくせいの香る今宵

ecc9a8b8.jpg「Sweet November」を観た。
南アフリカ出身のシャーリーズ・セロン
あんなに素顔は美しく華やかなのに
この映画では、もうひとつだった。
しかも、もうろくしたものである。
実はこの映画もすでに観ていたのに
ラストシーンまで気付かなかったのだ。
なんたる、なんたる・・・・・である。
しかし、とても感動した言葉がある。
以前に見た時にはスルーしていたのに
その時にしか響かないことば、というものが
存在するのである。

プロポーズを受けた余命少ないサラは、苦悩する
「彼を私の人生に巻き込み傷付ける権利など、私にはない」のだと。
そこで親友チャズは彼女にこう告げる。
「いずれにせよ、みんな傷付くんだ」

愛するということは、傷付ける事であり
傷付くことのない人間関係などないのだ、と言っている。
この曲を思い出した。

それはまちがい それともまちがいじゃない
誰も傷つけたくない
誰れかにいつも傷つけられたくない

I'm angry
I'm so angry
この気持は消えない
I'm so angry



「Shame 〜君を汚したのは誰〜」佐野元春

きんもくせいの香る頃には、こういうラブロマンス映画がふさわしい。

budoubatake at 17:45コメント(12)トラックバック(0)どえりゃあ映画!  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Ako   2009年10月14日 18:25
同姓でも彼女のビューティーには惚れてしまいます。
映画「Astronaut's Wife」で好きになりました。

彼女とScarlett Johansson、似てると(外見)思いませんか?
2. Posted by nandscomjp   2009年10月14日 19:19
いつも走ってるコースに強烈なキンモクセイ香りの場所があるのですが、大きく息が吸えないよ・・・
3. Posted by ワインセラピスト   2009年10月14日 21:43
■映画「Astronaut's Wife」観てないですねぇ。
 Scarlett Johansson もwiki で調べましたが
 彼女の作品は、ひとつも観ていないです。
 もし、顔が似ているとするならば
 区別するのは、胸、ですね。(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2009年10月14日 21:45
■nandscomjp さま、四季折々を満喫されてますね。
 私は、漫喫しようかな。
5. Posted by yumi   2009年10月14日 22:58
この曲、今日お昼に聞いてましたよ!

我が家のきんもくせいが香るのは
もう少し先のようです。
山は寒いです。
もう、コタツ出しました(笑)

6. Posted by Ako   2009年10月14日 22:59
ん〜。それも難しいかも。
スカーレットもふくよかな胸ですから…
7. Posted by ワインセラピスト   2009年10月14日 23:23
■yumi さま、本日はありがとうございました。
 そうですか、以心伝心ですね。

 この曲、アルバム「Visitors」の中でいちばん好きです。
8. Posted by ワインセラピスト   2009年10月14日 23:25
■Ako ちゃん、そうそう。
 シャーリーズ・セロンはふくよかには
 程遠いと思うんだけど。
 見逃してるのか?
 
9. Posted by Ako   2009年10月15日 00:21
スカーレットの「Lost in translation」お薦めです。
10. Posted by ワインセラピスト   2009年10月15日 00:36
■なかなかおもしろそうだね。
 機会があれば、観てみます。
 ありがとう!

 スカーレット・オハラからの名前のようですね。
 同じように、お笑い芸人の「くわばた・おはら」も
 「風とともに去りぬ」からのネーミングです。(ウソ)
11. Posted by Ako   2009年10月15日 03:37
I love your jokes.

専門学校時代、クラスにも「小原君」という子がいて
いつも外国人講師に「君の家族はアイルランド出身なの?」って聞かれてました。
12. Posted by ワインセラピスト   2009年10月15日 17:19
■せっかく世界の共通語を名前に持ったのだから
 小原君にはぜひ世界に羽ばたいていて欲しいものです。
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ