2009年10月21日

月と星とブルゴーニュ

380e9431.jpgブルゴーニュ・ピノ・ノワール'07
 ドメーヌ・エドワード・レヴェック
新入荷だ。
とてもフレッシュな味わい。
美しい色合い。
なめらかなタンニン。
豊かなボディ。
ブルゴーニュらしいブルゴーニュだ。
ピノ・ノワールの象徴的な香りは
梅なのだが、そいつが顕著である。
「顕著の星」と名付ける事とする。

星といえば今夜盛大に見られるという
オリオン座流星群である。

今夜の空は、晴れているのか曇っているのか
ここからではわからないのだが、どのみち
丸の内では、ほとんど星が見られないのである。
街というところは、とても残念だ。

梅の香りと星を楽しむのなら
この曲は欠かせないであろう。



星といえば月である。
「1Q84」を予言したのか、村上くんが私のブログを読んだのか
この小説の中で、ふたつの月という象徴があるのだが
Twin Moon というタイトルで2008年05月08日に書いていた。
もう完全に忘れていたのだが、びっくりしたぞ。

budoubatake at 00:39コメント(8)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Ako   2009年10月20日 21:55
「うめ星デンカ」知らなかったのでビデオクリップの最初、「ハクション大魔王」かと思っちゃった。
懐かしいなあでもコネクションがないような…って首をひねろうと思ったらタイトルが現れました。

We're not gonna see the Orion Meteor Shower" tonight as it's very cloudy today and will be tomorrow, too.
It's so cold today.
2. Posted by ワインセラピスト   2009年10月20日 22:07
■ふーん、流星群をMeteor Showerって言うのね。
 ロマンチックでいいよ。
 なにより言葉の響きが日本語のそれと比べて
 降って来るイメージが伝わるよね。
 宇宙の自然現象というより、自分のための
 天空のショータイムといったニュアンスを感じます。

 「うめ星デンカ」が白黒だったというのは
 なんだか、センチメンタルな発見でした。 (笑)
3. Posted by Meteor Shower   2009年10月20日 23:04
いっぱいの星が自分に降りかかってくるようなそんな響きですよね。夜のピクニックなんてどうでしょう?
Of course we need to take a bottle

星、月、宇宙…から浮かんだ曲。
「The Galaxy song」By Monty Python
宇宙の神秘がいっぱい詰まった、しかも元気の素になる曲です。機会があったらお試しあれ!






4. Posted by ワインセラピスト   2009年10月20日 23:44
■♪ねえ、知ってるかい?
 君は時速900マイルで回転しながら
 全ての源である太陽の周りを
 ちょうど秒速19マイルで回っている星の上に
 立っているんだって事を

 宇宙の大きさからすれば
 人間の悩みなんて大した事じゃない
 だって宇宙はとっても大きんだもの

 自分のことをちっぽけに感じ不安に思ったら
 自分がここに生を受けた事が
 いかに希有な事かを思い出そう

 そして、せめて宇宙のどこかには
 知的生命体が存在する事を祈りましょう
 何しろこの地球上にはバカばかりなのだから
5. Posted by Ako   2009年10月21日 00:15
Have you translated it into Japanese?
Excellent!
6. Posted by ワインセラピスト   2009年10月21日 00:22
■No,No,It's almost PAKURI.
7. Posted by かもちん   2009年10月23日 00:06
パンパロパン!
8. Posted by ワインセラピスト   2009年10月23日 01:43
■今、リンダ・ロンシュタットの1978年の名作
 「Living In The U.S.A. 」を聴いています。
 めっちゃら、くっちゃらイイんです。
 しびれまくってます。
 パンパロパン!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ