2009年11月08日

傷付かない人間関係なんてない

aa185443.jpg映画「路上のソリスト」を観た。
ジェイミー・フォックス、さすがだ。
観る者を惹き込まずにはいられない。
知的障害者というのは、神にいちばん近い
存在なのではないか、との思いを強くした。
彼演じるナサニエルは、とても早口だったり
ぼそぼそと喋っていたりで、なかなか
聞き取るには難しいのだが雰囲気は伝わる。
この作品も実話であり、力作である。
良かれと思った事なんて、概ね
その人の価値観でしかない。
ロペスは、ナサニエルとの親交を
深めれば深めるほどにそんな苦しみを味わう事となる。

しかしながら、その摩擦こそが人間関係であり
傷付かない人間関係なんてないのである。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ