2010年03月21日

恋のない愛はあるけれど、愛のない恋はない

1a547fd5.jpg『恋するために生まれた』江國 香織,辻 仁成
冷静と情熱のあいだを書き終えた二人の
まるで交換日記のようなエッセイであり
恋愛論である。
正直なところ、気持ちが悪いのだが
今あらためて読み返してみると
ますます気持ち悪い。
もちろん読者がいる事が前提のやりとりなのだが
ラブレターを覗き見してるようにばつが悪い。
であるが、さすが文豪のおふたりであり
随所に名言が散りばめられており
アンダーラインを引きたくなったのであるが
貸し出し希望の方がおられるいじょう
変な影響を与えてはいけないので
スルーしてみたのだが、ほんのりだけ
紹介しておこうと思う。

「恋のない愛はあるけれど、愛のない恋はない」

「支配も所有も受動態でのみ可能なのだと思う
  だからされる側が自らの能力と責任ですることです」

「恋はエネルギーです。
  エネルギーは消費する事によってのみ蓄積される」

「コンドームは安全なセックスのために必要なものであって
  恋愛に必要なものではない」

いかがであろうか。
羅列してみたらすべて江國さんのことばだった。
同じ男性として辻さんには「ロマンチストすぎるな」と言いたい。
江國さんの方がリアルであり絶対的な基準がある。
それは絶対音感のような、絶対価値観とでも言うべき基準であり
こんな女性となら恋してみたい気分にさせるのである。

昨夜のパーティで「大島さんは色気があるね」と言われて
とてもうれしかったのだが、残念ながら男性からである。
そうか、こんなおっさんでも色気があると認識されたのなら
お世辞でもちょっぴりうれしいぞ。
江國氏と対峙できる男を目指してみる所存だ。(ウソ)

そうそう、Amazon でも書店でもこの本はないようなので
興味を持たれた方はブックオフか大島図書館にお越しください。である。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Ako   2010年03月21日 05:22
私が唯一もっている江國 香織さんの本が「神様のボート」。昔々に駐在員の方にどっさり頂いた単行本の中の一冊でした。そのほとんどは読んで在英日本人のお友達に譲ったのですが、「神様のボート」は手元に残した数少ない本の一冊です。
Amazonで取り寄せようと思っている本が溜まり始めたのでそろそろ注文かしら…と思ってたところ。でもこれはないんですね〜。大島図書館に顔を出せるのはいつになることやら。Never mind...里帰りまでおとなしく待ちます。

2. Posted by poohan   2010年03月21日 08:52
地元の図書館に沢山ありました
この手の本は、ほとんど読まないのですが、読んでみようかな?

大島図書館って…
すごいですねぇ。。。
3. Posted by まして   2010年03月21日 12:31
ロマンチストな男性に
「ロマンチストすぎるな」と言われる人は
どんなものかと、そこに興味があります
4. Posted by ふみくん   2010年03月21日 13:54
うーん、江國さんの言葉はリアルで深いですね。
頭でセックスを考えてしまう男と、身体で受け止める女性の違いなのかな。
大島図書館の探訪がますます楽しみです

江國さん原作の映画、『スイートリトルライズ』を昨日見てきました。
ちょっと辛かったけど美しい作品でした、詳しくはmixiをご覧くださいませ
5. Posted by ワインセラピスト   2010年03月21日 16:55
■Ako さま、「神様のボート」あれは傑作ですよね。
 骨ごと溶けるような恋、いい得て妙です。
 以前、この本の感想文を書いてるんだけど
 いま読んでもいいところ突いてるな、と
 自画自賛しております。
 
 じつは、この本の話になったのは新刊の
 「sex」石田 衣良が話題に上ったからでした。
 4、の’ふみくん'のお薦め。
 私は根性無しなので、この本をレジに持っていけません。
6. Posted by ワインセラピスト   2010年03月21日 16:58
■poohan どもども、そうだね、図書館だね。
 ナイス!
 とりたてて読んでおくべき本には認定しませんが
 ひまつぶし程度におたのしみくだされ。

 おかあさま、おだいじに!
7. Posted by ワインセラピスト   2010年03月21日 17:03
■ましてさま、ロマンチストでよかった。
 オマンチストに認定されたらショックです。
 ロマンチカなら立ち直れません。

 さて、辻仁成ですがつまり遠まわし過ぎるんですよね。
 でも彼の言葉や彼が影響を受けた事柄のなかにも
 興味深いものはたくさんありましたよ。しかしながら
 私は江國さんのほうがより共感できました。
 物書きとしての才能を含めて。
8. Posted by ワインセラピスト   2010年03月21日 17:12
■ふみくん、日記拝見しました。
 なるほどね。
 やっぱ恋はエネルギーなのであり
 消費する事によってしか蓄積されない
 だからフランス人は婚姻を良しとしないし
 北欧では両親揃ってる家庭の方が少ない。
 ジャマイカでは一夫多妻だしね。

 法律って誰のためにあるんだろう。
 いいセックスしてるひとは戦争などおこさないからね。
 男女間の愛や恋や情を深く考えるときに
 この本はおおいに役立つのかもしれません。

 そうそう、石田 衣良の「スローブッドバイ」
 家のデスクに置きっぱなしにしておいたのですが
 こどもが読んでいないか心配です。(笑)
 中学生にとってはエロ本。
 教育上よろしくないので誰かにプレゼントする所存であり
 大島図書館から追放します。(笑)
9. Posted by yumi   2010年03月21日 17:57
女性の私から見ても辻さんは「ロマンチストすぎ」ますね。
ここまでの男性と付き合っていくのは大変そう・・・
と思ってしまいます。
中山美穂さんだからこそ可能なのかも。

ところで、今ごろではありますが
先日稲盛さんの「生き方」を読みました。
久しぶりにとてもいい本に出逢えた気がします。
わくわくしました!
紹介ありがとうございました。
10. Posted by ワインセラピスト   2010年03月21日 19:01
■yumi さま、左様でござったか。
 こんな私でも、お役に立てたなら光栄でござる。

 あたたかくなったら、大塚君の海の家に行きたいですね。
11. Posted by yumi   2010年03月21日 23:21
いよいよサーフィン再デビューですか?(笑)

先日初めて遊びに行ってきたんですが、
床は杉の無垢板、壁は漆喰。
ナチュラルで居心地のいいお部屋に仕上がってました。

あたたかくなったらぜひ(^-^)

12. Posted by Ako   2010年03月22日 06:09
「神様の…}
感想文再度拝見させて頂いて、今日の午後一人になれる時間がまとまってあったので(ラッキー!)、本も何年ぶりかに読み直せました。

今回の印象、前回のと違う…ドキッ。

「石田 衣良」初めて耳にした名前です。レジスターしておきます。 


13. Posted by ワインセラピスト   2010年03月22日 23:39
■yumi さま、楽しみにしております。 
14. Posted by ワインセラピスト   2010年03月22日 23:40
■Ako さま、私的にはあまり評価は高くないです。
 念のため。
15. Posted by dakko   2010年03月24日 12:45
「コンドームは安全なセックスのために必要なものであって
  恋愛に必要なものではない」
そりゃ、恋愛にはいらんわな
けど、継続可能な恋愛のためには。。。
どんなセックスしてんのかな江國さん

16. Posted by ワインセラピスト   2010年03月24日 15:48
■うすかわ一枚。たった0.03mmがベルリンの壁です。
 江國さんよりも、dakko ちゃんのほうがいやらしいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ