2010年09月11日

愛に勝る技巧は無し

985aec36.jpgとある女性に「いつでもどこでもキレイだね」と言ったら
「あのね、キレイって言われるのは嬉しくないんだわ
魅力的とか言った方がいいよ」と言われた。
つまり外見よりも内面から滲み出る
トータルとしての美しさを褒めろという事であり
いつも褒められる女性にはそういう事なのだそうだ。

ひとを褒めるのが下手な人ってのは少なからず居て
そんな人に出会うと「ああ、この人
自分を変えようと努力してるんだ」とか
「どっかでセミナーでも聴いたのかな」などと
同情の目線で見てしまうのだが
まさか自分がそう見られているとは、と
ショックを隠せない私だったのである。

ま、言い訳をさせていただけば
美味しいワインを飲んだ時に、そのワインの
長所を長々と語ったりしないものであり
美しい景色を見た時には「わぁ、すげぇ!」と
感嘆するのが本当の気持なのである。

前置きが長くなったが『昼間は心理カウンセラー
  銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方
』という本を読んだ。
表紙が好みではないのでここには載せない。

褒め方のテクニックは、なるほど。であり
一歩踏み込んだ次の会話につながる褒め方を
きちんと伝授してくれている。

もうひとつ参考になるのは恋愛対象から逃げるテクニック。
下品な下ネタから逃れるテクニック。
このあたりは一般のひとたちにも参考になるのではないかな。

しかしながら、どうしてNo.1なのか私にはよくわからなかった。
お会いするか、話す映像などがあれば理解できるのだろうが
会話のテクニックなんてものはあってないようなものだ、と思うのだ。

『ユダヤ人大富豪の教え』という本を読んだ時に
いちばんこころに残った、今も実践していることばがある。

人と接する時の心構え
「この人に出会えて自分はなんて幸せなんだろう。この人のもとに
たくさんの幸せと豊かさが雪崩のようにやってきますように」と
祈りながら微笑む。


結局はそこだと思うんだ。
「ことば」以前の「こころ」のような気がする。
自分らしくちゃんと相手を認める態度に
ことばを添えたなら、それが最高の表現方法なのであり
男女間で言うなら「愛に勝る技巧は無し」なのである。
逆に言えば、愛がない場合にはテクニックは必要だ。

<追記>

すまん、5章まで読んでこの本はいちばん大切な事を書いてないな
なんて思っていたが、最終章である第6章にとてもいいことが
たくさん書かれていた、しかも「愛とテクニックの両輪で」と
そう書いており、私のほうが甘いなと思わされた。
より深く愛し、技巧も磨く所存である。

budoubatake at 00:15コメント(10)トラックバック(0)座・読書  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ユージ   2010年09月10日 22:07
■興味深い本みたいですね
 参考までに読んでみたいです。

 まるっきり同じ言葉を云ったとしても
 伝わることは違うんですよね。
 言葉を云う、って、その人間が出ちゃう。
 まるっきりでろり〜んと出ちゃうよね。

 男女関わらずだけど
 言葉巧みな人ってぼくはわりと苦手だなぁ。
 やけに言葉ばっかり礼儀ただしくて上手でも
 態度や物腰、目つきが横柄で
 偉そうな人とか。
 わりとまわりにいるんですけど(笑)

 しどろもどろしてても
 人柄がにじみ出る人が好きです。
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2010年09月10日 22:22
■そう、Yujiのいうとおり
 「何を言ったかじゃなくて、誰が言ったか」なんだよね。
 まさにノンバーバルコミュニケーション。
 
 私もこの本を読みながらかつてそんな本を読んだな、と
 思い出していましたが、あまりにもエントリーが
 長文になるのでそこにはあえて触れませんでした。
 そう、「人は見た目が9割」って本だ。
3. Posted by ユージ   2010年09月10日 23:59
■連続コメント失礼。

なるほど!
歌のコアな部分はもちろんなくてはならず
その上でアレンジもきっちりと練り込み
各自、演奏技術も高める努力を怠らない

ということですね。

了解しました!

4. Posted by ホヌ・マハ郎   2010年09月11日 00:08
■仰せのとおりです。
 人間は常に進化し成長する生き物だという事であり
 根底には愛と感謝と調和がなければいけない。
 その軸からはブレず、日々実験や研究など
 研鑚を怠ってはならないという事です。

 もっと言えば「Her Majesty」を聴かずして
 アビーロードを語るなという事です。
5. Posted by LINDA   2010年09月11日 03:36
すごいっ!
もう読んだんですか?
いつも素早い行動ですね。
見習います。

 後30分でTAXIで空港に向かいます。
窓側の席しか空いていないので
ちょっと辛い。。。

 Liliaちゃんと会ってきますね。
6. Posted by マナ   2010年09月11日 08:54
おはよーございます。

ほぉ~♪興味深い本ですね!!
読んでみたいなー。

そうっ!!『何を言ったかでなく、誰が言ったか』これ、こないだの研修でもさんざん聞かされました。


でもホントそーだと思う!同じ言葉を言っても、Aさんが言ったら聞きたくないけど、Bさんが言った事は素直に聞きたくなる・・・とか


結局は、その人の人柄が大きく影響するんですよね♪

魅力的な女性になれるよう努力しなくちゃかんなー
7. Posted by ふみくん   2010年09月11日 13:17
なるほど。
たしかに自分自身も、「ふみくん男前」と言われるより(現実には言われませんが・・)、「ふみくんと一緒にいるとなんだか楽しいねっ☆」て言われたほうが、ヤッタネという気持ちになります。

ビジネスでも恋愛でも、「どうすれば相手は幸せに感じるか」を想像して行動するのが、成功の近道ですね。
「愛があれば大丈夫」、誰かも言ってました。
『ユダヤ人大富豪の教え』、読み返します!
8. Posted by ホヌ・マハ郎   2010年09月11日 22:54
■LINDA今ごろワイキキの真夜中だな。
 まだしゃべってたりして。
 うらやましいぜぃ。
 よろしくお伝えください。
9. Posted by ホヌ・マハ郎   2010年09月11日 22:56
■マナちゃんは魅力的です。
 好きな事を好き!って
 カラダ全体で表現できる人は魅力的でないわけがない。
 喜怒哀楽の深さが人間の魅力を磨くんです。
10. Posted by ホヌ・マハ郎   2010年09月11日 22:59
■ふみくん、本日もありがとう!
 今日のワイン会はいつもよりアカデミックだったでしょ。
 時には少人数でこんな会をやりたかったんです。
 「どうすれば相手は幸せに感じるか」を想像して行動してみました。(笑)

 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ