2011年01月26日

日本vsオーストラリアの愉しみ方

6bc645a2.jpgこんばんは、セルジオ越前蟹です。
韓国に勝って舞い上がっているマスコミや
にわかサッカーファンの多い中恐縮だが
昨夜の日本の延長戦の戦い方、あれはいけない。
まず第一に審判は笛を吹くのが好きな主審だった。
通常主審というのはゲームを理性的に進めるための
コントロールとして反則を取るのだが彼は
自分の権力を見せつけるために吹いていた。
いわゆる笛吹童子である。

推測であるがハーフタイムに線審から
「あのPKはちょいとキツかったんじゃない?」
などと言われた結果があの後半のプレゼントのような
日本のPKへと導かれたのではないか。
ま、それも人間らしい判断だ。
双方に誤審でのメリットを持たせたのだから
フィフティフィフティである。

さて、そこで優位に立てたにもかかわらず日本チームは
守り一辺倒で引いてしまった。ゴールに近いところでの
リアクションに徹したサッカーはあの主審だという事
空中戦を中心としたパワーゲームを得意とする
韓国が仕掛けてきた事、その2点から考えても
もっと最終ラインは高いところでキープするべきだったのだ。

ザックはイタリア出身なのでイタリア的な勝ち方に
こだわったがゆえに結果的にPK戦にまでもつれこんでしまった。
しかも延長戦での伊野波というカードは間違いで
柏木あたりを投入すべきだったのではないのか。
中盤を強化するべきだったと思うぞ。
そうしたらあんなに引かなくても良かった。

さて、決勝はオーストラリア。
彼らの持ち味はパワープレイと空中戦である。
そこはキューウェルがとことん強いがパスの出しどころ
ケーヒルを抑えたなら確実に勝機は日本のものだ。
基本的なボールを扱うテクニックでは確実に日本の方がレベルは高い。
ノートラップのパスをどれだけ駆使できるかに期待はかかる。

もし、1-0で日本がリードした場合。
今回のように逃げきろうと思ったなら
間違いなくおなじ危機をうむだろう。それだけが心配である。
なにしろ2006年のW杯の後半の3失点はいまだに悔しい。
今回は圧勝して欲しいものだ。
日本チームは今回、中澤も闘莉王も居ないのであり
カテナチオでない事をちゃんと学べよザック、である。

budoubatake at 16:58コメント(8)トラックバック(0)サッカー  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ちえ丸   2011年01月26日 17:37
セルジオ越前蟹っ!!O(≧∇≦)O
携帯で見てて、つい笑ってしまいましたよ〜
お父さんに気持ち悪がられてしまった(^-^;)

2. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年01月26日 17:40
■そこかよ・・・・   (^-^;)
3. Posted by ふみくん   2011年01月27日 00:32
こんばんは。
1点差で逃げ切りたいときに、ラインを高くとり前からつぶしていくか、ゴール前をカテナチオに固めて守るか、それぞれの戦術ですね。
イタリア人の監督は、どちらかと言えば後者なのかな。
まあくんのいうように、延長戦の交代は、伊野波ではなくフレッシュで攻撃的選手を入れたら、PK戦にもつれず勝ちきれたかもしれませんね。
個人的には、CKをチョイ蹴りしてキープする作戦はどうも好きになれません。

さぁ、29日深夜の決勝はどこで誰と観ようか(笑)

4. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年01月27日 01:07
■あはは、CKのチョイ蹴りね。
 あれは精神的に追い込むのには効果的です。
 夜のじらし作戦は得意なくせにサッカーとなると
 またちがった意見になるのですね。
 
 あ、サッカーのわからない方のために書いておくと
 CKとはカルバン・クラインの事です。
5. Posted by Chiko   2011年01月27日 02:48
カルバン・クラインのチョイ蹴り???
ハハハ、私にゃ縁が絶対無いなぁ〜〜〜

って、CKはそうなっちゃうんですか(^_^;)

え〜〜〜っとぉ、話戻して、最終ラインの位置に関しては、アララ???でしたね。 って事で、私はマハ郎さんに一票!!!
6. Posted by エディ   2011年01月27日 09:42
辛口セルジオ越前殿 蟹持参で登場ですか♪

まずは主審をチクるあたりは大きくうなずきマクリでした。
試合以外のハラハラどきどき感はいりませんね。
ぶさいくなカテナチオでしたが、今のDF陣では善戦かと。
オーストラリア戦は 吉田の奮起に期待します。

次戦は安木 松太郎さんのテレビ解説でよろしく。マジで。(笑)

7. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年01月27日 18:05
■Chiko軍曹どうもどうも。
 軍曹のフラはすてきだけどKARAもいいね。(笑)
 決勝、たのしみですな。
8. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年01月27日 18:09
■エディさん、どうも。
 吉田ね・・・・・
 あいつ、いっぱいいっぱいだから余裕がない。
 身長があるわりにもうひとつ自信がないんだな。
 でファールしちゃう。
 そこが心配ですがキューウェルに対しては
 彼が居るだけで脅威ではあるとおもうので
 自信を持ってプレイして頂きたいものです。
 遠藤や長谷部との連携が鍵ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ