2011年02月25日

意表を突かれるピノ

24f81d2f.jpgピノ・ネロ・ラ・クーポラ'08ネイラーノ
北イタリアで産されるとピノ・ノワールは
葡萄の名称がピノ・ネロとなる。
方言のようなかんじだな。
大根を名古屋で「でゃ〜こ」と言うようなもの。
たくさんを「ぎょ〜さん」と言うようなもの。
ちょっとした違いである。話戻して
北イタリアの葡萄と言えばネッビオーロ。
やさしい味わい、すみれの香り豊かで
とてもエレガントなワインが多い。
そのイメージでこいつを味わうと
面喰う事になるので注意が必要だ。
ミディアムボディの表記ながら
どってもアタックが強く濃縮感もある。
しっかりとしたボディを感じるぞ。

後味に、いちごの味わいと梅のニュアンス。
ピノ・ノワールのイメージも
北イタリアのイメージもないから
新しいワインのような風情なのだ。
こういう発見があるからワインはやめられない。
ブラインドテイスティングでは誰も当てられないと思うぞ。

親愛なる加藤氏という名古屋弁のエキスパートが居るのだが
別れ際の挨拶に「おやすみ」だの「ほんじゃ」が普通なのに
いつもかならず「ほいだらね!」と夜の街に消えていく。
そのことばだけは彼の口からしか聞いた事がない。
意表を突かれて大笑いするのである。

budoubatake at 00:15コメント(12)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン | 気軽なデイリーワイン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by poohan   2011年02月25日 00:28
ピノ → ピアノにみえた (ノ∀`*)ノ彡☆ バンバン
意表を突かれました 
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年02月25日 02:31
■こちらこそ、意表を突かれました、うひょ〜っ! 
3. Posted by ちーどるん   2011年02月25日 05:07
そうだ、確かに聞き覚えがある。

ほいだらね

ひらがなで見ると、結構インパクトあるな。
4. Posted by Ako   2011年02月25日 08:50
これもおいしそう。

名古屋弁も恋しいヮ…
5. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年02月25日 17:17
■ ちーどるんさま、私も文字にすると
 なんだかイメージ違うなぁと思ってました。
 どっからどう見てもジェントルマンなのに
 帰り際のこのひとことでズっこけます。
6. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年02月25日 17:18
■Akoさま、濃いのがお好きなのね。
 私は軽やかながらもコクのあるピノが好き。
 名古屋弁はね、最近濃いよ。
7. Posted by laule'a   2011年02月25日 23:59
こんばんは。
今夜はとてもおいしい料理とワインで
とてもとてもいい気分で過ごさせていただきました!

このワイン。私が最後にいただいたものでしょうか?
ストロングな感じの・・・。
おいしかったです!!

ワイン・・・いえ、お酒大好きなので、
おすすめのものをいただけると、嬉しくて嬉しくて!!

また是非お邪魔させていただきます。
「ほいだらね!」

・・・私は「ほんじゃあね」が限界ですが。
8. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年02月26日 00:42
■ laule'aさま、うれしいっ!
 コメントまでいただけるなんて思ってませんでした。
 
 記憶力抜群ですね。
 そう、まさにこのワインが〆のワインでした。
 laule'aさんの仲間はみなさん明るいですな。
 ありがとうございました。
 ほいだらまたね!
9. Posted by Chiko   2011年02月26日 02:13
ふっと自らの言葉を思い返し・・・

あらら、私も
「ほいじゃぁね」
って言っとりました・・・ フツ〜に
10. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年02月26日 02:21
■「ほいじゃぁね」は名古屋では標準語ですよ。
 Chiko軍曹の名古屋弁はね、なんかこう
 なつかしい感じがして好きだな。
 親近感が湧く名古屋弁。
 んーーーー。わかりやすく形容できんが
 そんなかんじ。
11. Posted by Dakko   2011年02月28日 15:55
ジェントルマンなのにほいだらね。
いいねぇー聞いてみたい
昔はほいだらねと云ってる人結構いました
そういえば、最近聞かないね
12. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年02月28日 15:59
■あー、そうなんだ。
 正統派の名古屋弁なんだ。
 じゃ、つかわなくっちゃ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ