2011年04月16日

レモングラスの香り

a6c229e8.jpgタイのお土産にもらったのは
レモングラスの香りのディフューザー。
お花があしらわれてるかんじが
なんともタイランドっぽい。
その香りはまさにタイ料理。
トムヤムクンが食べたくなる匂いだ。
タイは今ソンクラーンといって
お正月なのであり、夏と真夏しかない
理想的な国のまさにその暑さのてっぺん
真夏なのであり誰それかまわず
水をかけるという無邪気なお正月だ。

無邪気といえばタイ人ってのは西暦の正月があり
中国の旧正月がありタイ正月がある。
年に3回正月があるとても無邪気なお国柄だ。

さて「打ち水」ってのはここに何度も書いているが
ほんとうに温度を下げるのであり、ソンクラーンってのは
めっちゃエコなお祭りである。

今年の夏、関東では打ち水がはやりそうだな。
たいせつなことは、風呂の残り湯など
再利用として撒く事が大事であり
決して上水道から直接撒かないようにお願いしたい。
それが打ち水のささやかなルールだ。
ちょいと早過ぎるお知らせだったかな。
でも知っておいて損はない。
みんなが打ち水するだけでヒートアイランドは
すこしばかりマシになるのだ。http://uchimizu.jp/2010/about/

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Ako   2011年04月16日 05:09
「Uchimizu」こっちでも広げようかな…といってもうだる暑さの夏があるわけでもないのですが、残りの4月のお天気しだいでは「hosepipe ban」が出されそうです。3月にほとんど雨が降らず過去60年で一番ドライな3月とされ、4月も今のところそれに続いています。
庭にやる水や洗車用にホースからの水を使うな!というおふれなのですが、打ち水同様水の再利用をしたらよいのですよね。

P.S.私のパッド・タイ、美味しいんだよ〜!


2. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年04月16日 17:02
■イギリスでもタイ料理はポピュラーなのですね。
 それにはちょいと驚きです。
 タイ語はカタカナで見かける事が少ないので
 パッタイだと思っていました。
 高級レストランでも街かどの屋台でもほんとおいしい。
 
 日本でもかつては打ち水ってあたり前にしてました。
 文明の利器に埋もれた良い習慣をリバイバルさせる
 そういう世代になりましたわ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ