2011年07月02日

やっぱ男ってカッコよく生きたい

7bb2f2fd.gif「Free&Easy」という雑誌だ。
これはひさしぶりにヒット。
ターゲットは40〜50代の男性だろう。
その前後も遜色なく読む事ができる。
まずそのレイアウトに驚く。
どう見てもターゲットとフォントの
大きさが一致しないのだ。
つまり老眼に差し掛かったっつーか
老眼男性がメインなのに
やたら文字がちいさい。
それを面倒臭いと思うような奴は
読まなくてもいいよ、と
暗に挑戦状を叩き付けているようで頼もしいのである。
読者に媚を売るようなモノに私はなびかない。

「ワンランクアップの男」になるための
月刊 How to本なのであり雑誌の域は
確実に超えている。

住まい、インテリア、車、服装をはじめとした
ライフスタイルの提案なども
「カッコイイおとな」になりたかった
かつての少年たちに、いまいちど
その頃の気分に戻らせてくれるうれしい雑誌だ。

FLAT4のビートルの特集などもうゾクゾクたまらないし
くろすとしゆきや片岡義男の文章にワクワクしてしまう。
そしてすべての写真が美しく、すべての文章に
インテリジェンスがあるからたまらない。
ひとつ難点を言えば読めない漢字があるのは
私の知性不足でありまことに遺憾だ。

くすぶっていた事にすら気付かなかった
自分の中の熱いハートにふたたび火をつけられ
10代に戻った気分だ。
980円はお値打ち。
超お薦め。

ちなみに私は裸眼でOKだった。肉体までもが
10代に戻ってしまったのかも知れないな。

えっ?下半身?
もちろん10代に遡ったぞ。ただ
そちらは云わば「ガラスの十代」by光GENJIである。



The Doors - Light my Fire

この雑誌を読んでいてふと気付いた。
なんのためにブログを書いているのか
なんのために仕事をしたりひとと語らうのか
なんのために読書や音楽や映画に時間を費やすのか。
それは、ないしょだ。うっふっふ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kayo   2011年07月02日 10:13
最近は買ってないですが創刊号〜うちの旦那が買ってましたよ。
本棚にずらーっと並んでます。
編集長さんがお洒落なかたですからね。 
歳をとりたくない、
いつまでも少年のような気持ちでいたいと願う40後半のオッサンの心をとらえてる雑誌やなぁと思ってます
2. Posted by ダン・コレステ   2011年07月02日 16:31
僕も書店に立ち寄るとかなりの確率で、この本を立ち読みします(立ち読みかよ)
最近、老眼がかなり進んで本当に小さい文字が読みづらくなってきました。
でも精神年齢は17歳なんですが・・。
某ゼミ長は還暦を迎えられ、一緒にジョギングしていても漲るエネルギーを感じます。
そんなカッコ良い歳の重ね方をしなきゃね。
まずはナローポルシェでも買うか!
3. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年07月02日 18:07
■kayoちゃんのだんなさんダンディなんだろうね。
 気にしない奴はこんな雑誌に目が行かないもん。
 少年でいたいというのはあながち間違えではないですが
 正確に言うと、少年のまんま止まってるんです。
 ダン・コレステさんが言っているように
 永遠に17歳なんですよ、残念ながら。
 あの頃と欲しいものもほとんどかわってないし
 聴く音楽も変わってない。
 あの頃欲しかったVWカルマンギアは今も憧れ。
 あんなセクシーな車はないな。
 こころとらわれまくってます。
4. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年07月02日 18:10
■ダン・コレステさま、さすがです。
 今月のテーマでもある男の書斎。
 すでにビートルズミュージアム化した書斎をお持ちのあなたは
 そのうち取材が来るものと思われます。
 その時はちゃんと買って下さいね。
 
5. Posted by ダン・コレステ   2011年07月02日 21:45
ホヌさま!
「あの頃欲しかったVWカルマンギアは今も憧れ」っていう一文で、僕も封印されていたものが開かれてしまいました!!
カルマンギア、調べたら最近比較的価格も安定して200万円ぐらいで良い程度の中古ありますよ。
二人でそれぞれ1台ずつ買ってクラブ作りませんか!
(けっこうマジ)
6. Posted by Ako   2011年07月02日 21:53
肯定的なピーター・パン・シンドローム?


カルマンギアが出てくるとわ~っ!!
私の憧れはアストンマーティン DB5。
7. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年07月02日 22:02
■そうなんだよね。
 ビートルズ好きにはやっぱビートルが気になる。
 でもって当時小牧にFLAT4のお店があったりして
 VWを研究してるうちにカルマンギアの魅力や
 タイプ靴料破僂気砲匹鵑匹鵐魯泙辰舛磴Α
 でも10代の頃だと維持費のほうがたいへんだってことも
 知っててなかなか買う勇気がなかったんだよね。

 うちの駐車場にときどきカルマンが停まってるの。
 もうさ、穴があくほどみてるよ。
 
 今、ネットで検索したら68年の黒のコンバーチブルが
 なんと108万!
 ブルブルっ。
8. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年07月02日 22:06
■Akoちゃん、ちがうよ。
 おとこってこころのなかにちゃんと
 収集スペースがあってさ、それは
 時代ごとに変化する部分とそうでない部分があって
 「なんであん時押し倒さなかったんだろう?」的な
 いわば提出していない夏休みの宿題のような
 引っ掛かりが残ってるんです。
 ダン・コレステさんがカルマンを欲しがるのも
 リッケンバッカーを買うのも言うなれば
 おとなのおもちゃですな。(笑)

9. Posted by Ako   2011年07月02日 23:32
ふむふむ…なるほど。
10. Posted by ホヌ・マハ郎   2011年07月03日 03:27
■ですわ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ