2011年07月05日

日本人よりもみやびな人々

d78ed8c9.jpg過日、讃岐うどんの店に入った。
カウンターだけの小さな店だ。
なんとなく気になっていて
その日初めて暖簾をくぐったのだが
その瞬間、ちいさな違和感があった。
カウンターの中で働く女性が
インド人だったのだ。ま
ひとことも発しなかったので
ひょっとしたらインド風の
日本人だったのかも知れないが
完全なる偏見であるがゆえ
「どうどうどう」とこころ落ち着けた。
はたらく姿を観察していると彼女は
こともあろうに天ぷらの担当だった。
「おいおいおい」である。
だいじょうぶなのかおれの天丼。である。

うやうやしく目の前に現れた天丼と冷たい讃岐。
おお、シコシコの強い味わい。
おお、サクサクの天ぷら。
ほぼ完璧ではないか。
とってもみやびなインド人である。

純和風の飲食店のスタッフが外国人となると
さすがに不安であるのだが完全に合格だった。
インド人もビックリの天ぷらである。
次回はカレーうどんに挑戦したいぞ。

ところかわって今やコンビニエンスストアなどでは
日本人が少なくなってきている。
行きつけのコンビニも例外ではなく
中国人にほぼ支配されている。過日買い物をした時に
「あ、そのままでいいです」と買い物袋を断ったのだが
ふとゴミ箱用の袋がない事に気付いたので
買ったものをバッグに入れたあとで
「ごめん、やっぱ袋下さい」と申し出たら
その袋を丁寧に折りたたんで手渡してくれたのだ。
そんなマニュアルはコンビニには無いと思うので
あっぱれ!な中国娘なのであり、その次に会った時には
「今日はタバコはよかったですか?」などときいてくるので
必要なかったが3箱買ってみたりした。
みごとなおもてなしではないか中国娘。

知り合いにアーネストというオランダ人がいる。
オランダ人なのになぜか英語の先生だ。
彼の趣味はなんと神社仏閣巡りなのであり
携帯電話のなかにはそんな写真が盛りだくさんだ。

へたな日本人よりもよっぽどみやびな外国人が
日々増えているような気がする。
ということは我々が悲観するよりもこの日本
世の中は日本人らしさに溢れているのかも知れないな。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ