2011年10月25日

4c79db09.jpg今夜はお店に在る場所には中国人
別口で韓国人が来ていた。
中国のお方は日本語で会話できたが
韓国語はまるで知らない私であり
よってつたない英語で会話していたのだが
なんかこう不思議な感じがするのだ。
同じ顔してるのに共通言語が英語?
おとなりの国なのに妙チクリンだ。

そういえば初めてグアムに行った時にも
違和感があった。どう見ても皆チャモロであり
アジアの顔つきしてるのに英語。
もちろんアメリカなのだから当然なのだが
グァムの人たちはハワイよりも断然
地理的にもフィリピンやマレーシア
インドネシアに近いのでそれなりの顔。
もともとは自分たちの言語があったろうに
英語でしゃべられる事になんか違和感があって
「占領された島」「戦争の傷跡」のイメージが
沸々と湧きあがってきてしまい
リゾートを満喫できなかった。

文化や人種ってのは、その土地にちょうど良く
暮らせるように長い年月をかけて変化したものだから
言語もその土地土地にいちばんフィットするものがある筈であり
世界中いたるところの「方言」なので大事にしたい。

とどのつまり流暢な英語でしゃべる韓国人に対して
しどろもどろの英語で対応した事がしゃくだったのである。
ちっちゃいぜ。俺。ふっ。


Faces - Ooh La La

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ