2012年04月27日

今週の名古屋弁2

2e25ef18.jpg「おいしいもんじゃ焼き食べたいですね」
「もんじゃ?あれはいかんがね。食べるものか
出したものかわからんもん。で、食べる時
なすくるでしょう?」
「なすくる?」
「なにぃわからんの?なすってすくうでしょう
それをなすくるって言わん?今は言わんのかなぁ」
「なするって言葉すら使いませんよ」
「ええーーーっ?でも、もんじゃはいかん。なすくらなかんで」


今週の名古屋弁「なすくる」


追伸:お好み焼きの話からここに飛んだ。
   私が幼少の頃、駄菓子屋とお好み焼き屋さんが
   くっついたお店があってよく行ったものだが
   おとなになってあれは「広島焼き」だったのか?と思ったが
   すすむくん曰く「それは名古焼きだがね」
   広島ほどキャベツを入れないスタイルなのだが同じ作り方だ。
   安価で速く提供できるってのは合理的な名古屋人らしい発想だ。
   全具材を練り合わせてから焼くスタイルを初めて見た時
   たしかにビックリした記憶がある。
   合理的な中にも繊細さや職人芸の光る部分は
   いかにも名古屋なのだが、その手の店は
   ほぼ全滅っていうのが寂しいかぎりである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Chiko   2012年05月01日 00:24
えっっっ???

「なする」って使いますが・・・ 何か・・・(笑)
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2012年05月01日 01:50
■ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ