2012年06月16日

まずは自分から、である

7641e64e.jpg「あそこのラーメンがうまいんだよね」
そのひとことが耳に残った。
オードブルに味噌串カツ、長いもの浅漬け
砂肝をオーダーしたが、想像をはるかに
うわまわる料理能力であり残した。
ラーメンとチャーハンを仕上げにオーダー。
メンマが古い、チャーシューは
冷凍庫の匂いがする。ナルトにおいては
完全に違う世界に行っていて
どうしようか悩んだがお会計をしてから
「これね材料が悪くなってるから
調理の人に教えてあげてね」と
次のお客様のために言って帰ってきたが
なんともあと味が悪い。っつーか
ほんとうにくちの中が冷凍庫の味なのである。

「礼儀」の定義を「次の人のために」とした人がおられて
くつを揃えるのも掃除するのもすべては次の人のためと思うと
行動に直結し易いのである。そう、かつてコンビニでサンドイッチを買って
ポテトサラダがいたみかけだった事を書いたが、その時は
クレーマーと思われるのも厭だったのでそのままにしたが
今日は思い切って「次の人のために」言ってみた。
が、やっぱ気持良いものではない。

食品を扱う者としてこの季節は高温多湿でいちばんやっかいだ。
自らも気を引き締めなくてはいけないなと強く思ったぞ。
まずは自分から、である。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ