2012年09月08日

秋風の恋

a688755c.jpgそれは17歳の秋だった。
Nights are forever without you ♪
君のいない夜は気が遠くなるほどせつないよ。
イングランド・ダン&ジョン・フォードの歌が
しみてしみて仕方なかったのは失恋のせいだ。
輸入盤で聴いていたせいでその曲が
「秋風の恋」などというわけのわからん
邦題が付いていようとは知る由もなかった。
夜が長くて月の光が射していて、と
ま、秋といえば秋なのだろうが
どこにも秋を示唆する歌詞はないぞ。

彼らの曲がすごいのはアルバムをとおして
すべてサビの部分の歌詞がタイトルになっているという事だ。
そのわかりやすさ、キャッチーな曲想には
当時舌をまいたものである。
いやいや決して失恋でヤケ起こして
巻き舌で歌ってたわけではないので
そこらへん誤解のないようにお願いしたいものである。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by にこにこ。   2012年09月10日 08:22
おいらの知る限り 唯一のヒット曲       シーモンの涙 って曲もよかでしたね。
サビが全て曲名ってすごいですね。
あと ヴィグラス と オズボーン という男性デュオ も良かったでする。
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2012年09月10日 18:48
■SIMONE - England Dan & John Ford Coley
 初めて聞きました。
 彼ららしいサウンドプロデュースですね。
 男性デュオといわれておもいつくのは
 テツ&トモ、狩人くらいです。貧困な私。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ