2013年02月02日

Love isn't always on time

02b81872.jpgTOTOに関して言うのなら1stと
2nd以外はほとんど聴かない。
Hold the Line
なんてすばらしい曲なんだろう。
1978年。
センセーショナルだった。
多くのミュージシャンが影響を受けた
いや、受けざるを得なかった作品だ。
もしももう少しこのアルバムに
お金をかけられたのなら
もっとすごいアルバムだったろう。
今聴くとぺっしゃんこの音なのだが
それでもあの時に受けた衝撃が
ちゃんと甦るから不思議だ。
と同時に当時の彼らって
ブルーアイドソウル及びAORだったのだな、と
しみじみ聴き返している。




トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Yuji   2013年02月09日 13:46
■ きれいにアレンジされてる音ですね。
 当時もよく聴いたし、いま聴いてもまったく良い。
 聴く分には好きなんですが、
 しかし当時から自分で演奏する音楽としては
 この手は好まなかったんです。
 それは今も同じで、バンドのメンバーと
 先日そこら辺の話になったとき「変わってねーなぁー」
 っておもっちゃいました。
 僕みたいなのは圧倒的に少数派でした。
 ちなみにこういうきちんとした音を出せる人は
 僕が好むようなイイカゲンなやり方もぶっ飛びで出来ます。
 逆は出来ません(笑)

2. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年02月09日 18:07
■たしかにライブの "Georgy Porgy" には
 ビックリした記憶があります。
 どんなかたちでも最高を聴かせますね。
 私も料理にたとえるならおなじ盛り付けを
 したくないタイプです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ