2013年04月24日

大きな玉ねぎの下で

2913488d.jpgずっと前の話である。
洋食屋さんのカウンターで
ひとりハンバーグを食べていた。
おとなりの常連らしきおばちゃんが
仕込みをしてる店主に話しかける。
「ねぇねぇ、玉葱をみじん切りしても
目が痛くないの?」
「長年やってると慣れっこだわさ」
私は知っている。ウソである。
彼のまな板のうしろにはストーブがあり
換気扇が回っているのだ。
そんなことにも気付かないおばちゃんも
おばちゃんだが、しゃぁしゃぁと
話す彼にも驚いたのだ。
今思えばひょっとしたら彼自身も
気付いていなかったのかもしれない。

今は新玉ねぎ。
剥くたびにせつなく
ほんのりと涙がこぼれるのである。
慣れるわけないじゃん。である。
涙ながらに時折あの時を思い出す。
指摘した方が良かったのではないのか、と。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ