2013年07月04日

久々のヒット

aad12122.jpg辛い料理を苦手としていた私を
180度変えたのはタイ料理との出会いだ。
辛さ中に深い味わいがある。
なのに意外に作り方は大雑把なのである。
そこが好きだ。
タイの屋台風のお店があると云うので
スキップで東桜まで飛んで行った。
「ええがね」
店内にはタイの文字があちこちで躍る。
しかもチープな内装にも
ほどがあるのではないかというくらい
タイにもないようなチープさは
こころを和らげてくれる。
ホールスタッフはコンジープン。
ほんのりがっかりするがとても気持の良い接客だ。

とてもやぐいテーブルにとても
安っぽく、しかしながら可能な限り
屋台っぽくしてみました的な
そしてタイランドへの愛情たっぷりな
メニューが開かれて置いてある。
「ランチ950円」
おっ。屋台にしては強気である。
9品ほど書かれていたので「この中からチョイスですか?」
そう聞くと「いえ、それ全部です」
アンビリーバブルでありまいこーちゃいである。
「じゃ、それで」
あまりに安過ぎても期待感は薄れるのだ。

やっぱな。
「お待たせしました」とタイランドスマイルのコンジープン。
料理の器は100均なら5つで100円ほどのものであり
センスのかけらもない。
まいっか。
タイ風さつま揚げから食す。

うまいがね。

そとはカリっと中はモチっと塩加減も絶妙であろい。
生春巻きも丁寧に仕込んであり豚肉のバジル炒めの
辛さもギリギリセーフのいいところを突いてくる。
しかもからめて食べるライスはタイ米だ。
こうじゃないといけない。
トムヤムのスープも本格派。
油断していてレモングラスが歯にはさがったがね。
カーの効き具合も絶妙だ。
グリーンカレーもお見事で日本製の缶詰とは
比較にならないほどうまいのだから
あれを食べるならココに来た方が良い。
デザートのタピオカもお汁粉のような味わいでみくわぁむす。
聞けば厨房の中はコンタイなのだそうで
すべて手作りなのだそうだ。
帰り際「ありがとうございました。とてもおいしかったです」と
厨房に向かってタイの丁寧語でお礼を言い手を合わせると
ニッコリ微笑んで合掌していた。
とても気持ちの良い時間を過ごせてしあわせである。

もしもこのお店に行くのならテーブルに体重をかけると
破壊する危険があるのでそこだけくれぐれも注意して欲しい。
できたらランチなんてやらなくていいから
深夜3時頃まで営業して欲しいものである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ひみつのAkko♪   2013年07月06日 06:07
私たちもチェックしておりました。
お店がオープンしてなくて今度リベンジしようと言っています。
あ〜期待大♡
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年07月07日 01:04
■Akkoたんはいつもの装いで行っちゃダメだよ。
 ユニクロでTシャツと短パン買って
 お出かけ下さい。
 そういうお店です。
3. Posted by ひみつのAkko♪   2013年07月07日 09:31
あはっ!(≧∇≦)
早速、昨日ランチに行ってきました〜。
若者が店を作ってるっていうのがいい感じ!
お料理も美味しかった〜。
かなり汗をかきましたが!!
4. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年07月08日 02:32
■浮いたでしょ?(笑)
5. Posted by Chiko   2013年07月18日 01:16
スキップの行き先は「パクチー」だろか???
6. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年07月18日 01:54
■That's Right!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ