2013年09月04日

ひとりじゃないって素敵なことね

58e7ed83.jpgポリスブーム到来である。
ミニスカは穿いていないほうだ。
突然「So Lonely」が聴きたくなって
聴き始めたら止まらないのである。
デビューアルバムからすでに
非凡であり、一般的な事は
いっさいしないぞ!という
意気込みを強く感じる。
デビュー当時の1978年といえば
ボブ・マーレーは名作「Kaya」を
発表し土くさい音からどちらかといえば
モータウン系のおしゃれさをも
放ち始めた頃である。そんな
レゲエの圧倒的なパワーを
ロックに取り込み、しかも3ピースという
レゲエをやるには完全に不利な
バンド構成であるにもかかわらず
インテリジェンス溢れる発想のもと
上手に昇華させたのである。
当時のパンクブームのなかでも
ロクサーヌは異彩を放っていた。
そう。その時彼らはまぎれもなく
パンクのカテゴリーに居た。
そういう扱いだったと言うほうが正しいか。

2nd アルバム"Reggatta de blanc"はさらに進化し
スティングのソングライティングも向上する。
Message in a bottleがその歌詞の内容や
音楽性がいかに多くの人たちに影響を与えたのかは
私が語るまでもなく永遠のメッセージソングだ。

しばらくクルマの中はPOLICEに占領されそうである。
かつて20年以上前になるが友人を車に乗せたら
「いまどきポリス聴いてるのおおしまくんだけだろうね」と
嘲笑に近いニュアンスで笑われ「たしかに」と思ったが
今やFacebookやBlogやTwitterがあるので
ひとりじゃないって実感できてうれしい。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ