2013年09月05日

Island Story Vol.4

d1e62ec5.jpg8月23日に彼女ははじめて
ウクレレという楽器を手に入れた。
日々の生活になにか不満があった
わけではないのだが、どこか
このままじゃいけないような
言いようのない空虚さを感じていたのだ。
街を歩いていると一軒の
ウクレレショップを発見した。
看板にくまさんが居て、なにか
惹き込まれるように店に入った。
ドアチャイムにまず驚いた。
扉にウクレレが設置してあり
ソドミラ♪と鳴ったのだ。
「買って帰ろう」
その瞬間、ほぼこころに決めた。

数ある中でひときわ彼女の目を引いたのは
オールドスタイルのソプラノウクレレだった。
サウンドホールのロープバインディングや
ペグがレトロな雰囲気を醸していて
12フレットジョイントのボディとネックには
段差がなく水平であり、よりシンプルに映る。
壁一面に美しくディスプレイされている数ある中でも
そのウクレレだけが違うもののように感じた。
「この子だ」と直観した。

それはなんと1879年にはじめてポルトガル人が
持ち込んだカバキーニョという楽器をもとに
そのポルトガル人のひとりがハワイのコア材を
用いて作ったウクレレの原型のレプリカなのだと言う。
丁寧な説明をくれた店員にお礼を言い
そっと胸に抱いてみると言われようのない
至福のフィット感にときめいた。
そうだ、生まれたての赤ちゃんを抱くような
そんな感じだったのだ。
ポロリと鳴らしてみるとこの子は自分のために
生まれてきたのだな、と思えてしまう。

「おりしも今日は8月23日ですね」
「何がですか?」
「最初のポルトガル人がハワイに到着したのは
このウクレレの名前になった1897年の8月23日。
まさに今日なんですよ」

aNueNue 1879 Custom Koa "Vintage Style" Soprano Ukulele
Body : Solid Koa
Neck : Mahogany
Fingerboard : Rosewood
Bridge : Rosewood
Rosette Rope Style
Machine Head : Peghed USA
Finish : Nitrocellulose Lacquer

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Yuji   2013年09月06日 22:04
■おおしまさん、

 8月23日からこのブログを書き始めているのは
 偶然ですか?

 (笑)
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年09月06日 22:21
■おお、まじ?
 すごいところに気付いたね。
 っつーか2004年だよ。
 来年も書いてたら10周年だ。
 すっげぇ。
 本来の趣旨とは変わってるけれど。(笑)

 Yujiとも必然的に10年のお付き合いなんだね。
 いつもありがとう。
 あらたて、感謝!
3. Posted by Yuji   2013年09月07日 00:52
■いや(笑)ぼくもさっきね、

 「おおしまさん、ブログの方向性かわったなぁ(笑)」
 とか思ってさ、
 最初ってどんなんだっけ?と、見てみたら
 おりゃっ!なんと!同じ日付け発見!

 来年10周年ですか。なんかやりますか。
 公園でコンサートでも(笑)

 こちらこそどうもありがとう、
 10月センチ楽しみっすね。
 ゆみさんも誘っちゃった!あはは。
4. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年09月07日 02:38
■じつは、このシリーズはゆみちゃんもかんでて
 たのしませてもらってます。
 そのうちちゃんとしたかたちでご紹介できる筈です。
 こうして9年も毎日書いてるとさ
 あれくらいの文章はスラスラ書けちゃうんだよね。
 こういう1対1のコメントのほうが考えちゃう。(笑)
 継続は力だな、と思います。
 ほんとうは人のために書くのなら
 もっとボキャブラリーを鍛えないと
 いけないのだけれどね。

 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ