2013年10月21日

かたじけない思いである


xc09000










丸の内界隈を歩いていたら
「サッカー部の大島君ですよね」と
同世代の女性から声をかけられた。
どうやら同じ中学校でしかも
同級生なのだそうだ。
「35年も経つのによくわかりましたね」
というと「面影はありますよ」なのだそうだ。
ユーミンかよ、である。

たいへん申し訳ないのだが私には
彼女のお名前を聞いても心当たりがなかった。

しかしよくできた同級生のおかげで
卒業写真がネットで見られる。
見てみたら「ああ、この子ね」と
なんとなくわかったのだが
連絡先もメールアドレスもいっさい聞かなかったのである。
彼女からしたなら「ああ、私って存在感の無い中学生だったのね」などと
悲観して寂しい夜をお過ごしなのではないのかと心配である。

ただ私が35年も前の事を思い出せないだけの事なのだが
かたじけない思いである。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Chiko   2013年10月22日 01:32
てな事言っても、確かに面影どころか、まんまな気がする・・・
2. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年10月22日 01:46
◆ほう。
3. Posted by 鳥雪   2013年10月22日 20:36
時々 遠くから叱って下さい
4. Posted by ホヌ・マハ郎   2013年10月22日 22:54
◆あなたは私の青春そのもの。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ